後悔からの自由と理由のない幸福

身辺の嵐のことを前回少し書きましたが
嵐に翻弄される木の葉であってもだいじょうぶな感覚を失わなかったのはなぜなのでしょう

セラピスト開業した頃
抱いていた自己肯定感には理由がありました
癌や鬱を経験し、そして楽になったのだから
トンネルには必ず出口があるとわかったのだから
出口を見つける方法を知っているのだから
これを伝えることができる
そして、エネルギーというか、ひとの感情や思いがわかるようになったことも

つまり、〇〇な私、というなにがしかの理由
これはこれで良かったと思います
素晴らしい感覚だったし、それで誰かが楽になって、喜んでもらえるのが本当に嬉しかった
天職を見つけたと思ったものです

でもことはそれでは終わらなかったのですね
〇〇な、という理由は
移り変わるからです
言い換えれば、
移り変わらないものなど、何一つ無いからです
〇〇そのものが変わることもあるし、〇〇に対する自分の意味づけが変わることもあります
理由のある幸福は、理由の変化とともに、消えるとまではいかなくても質的に変化するものなのですね

何がどのように起きたのか、書ければいいのですが、
それには本1冊分くらいかかるかもしれないのでここでは割愛します

何度も何度も感情の嵐に巻き込まれましたが、その最中にもにもそれをじっと見ている何かがありました
まったく静かに、まったくニュートラルに、ただそこにある何か
ときおりエアポケットのようにそこにすぽっとはまると
ただただ静かです
またそこから嵐のなかへ投げ出されても
何かが以前とはまったく違います

その違いについて気がついたことがあります
後悔がないのです
後悔、あるいは罪悪感、あるいは自己嫌悪
たとえば侮辱されて激しい怒りに燃えていても
わかってもらえなくて悲しくて泣いていても
そこに、自分を責める思いがない
自分が正しいからとかそういうことではなくて
開き直るとかそういうことでもなくて(正しくなくてもいいのです)
悔やむ、ということがないのです
あるいは恥じる、ということがないのかもしれない

苦しみの本質は
自己否定なんだと改めて痛感しました
自分を責める気持ち、これが何よりも苛むのです
あるいは深いところで、どこか自分というものを恥じている感覚

繰り返し脳裏に浮かぶ問題や悩みがあったら
そうっと自分に問いかけてみてください
誰かに対する怒りの陰に
消えない迷いの陰に
ご自分を責めるもう1人の自分がいないかどうか

〇〇な、がなくなってもOKになると
〇〇のない「私」っていないんですよね

自由だけが残ります♪

東京・熱海・京都およびSkypeでセッションを行っています
お問い合わせくださいね(^_−)−☆
ブログの内容に疑問や質問がある場合にも、お気軽にお問い合わせください

心も初夏の準備を(^_−)−☆

今日は暖かいですね
上着も要らない感じ♪
ブログをずっと更新していないのに、毎日たくさんの方が訪れてくださっていて、感謝しています
ちゃんと書いてくださいよ、って叱られちゃいました^^;

東京に来ています
部屋の窓からいるかと富士山が見えます

早いもので東京出張セッションもいつの間にか6回目
告知するのも忘れるズボラぶりですが、毎回古い記事を読んで申し込んでくださる人と、継続してくださる人とがいらっしゃって、ありがたいことです

ずっと身辺いろいろありまして、やっと落ち着きました^^;
深いところに隠れていたものが、3ヶ月くらいかけてこれでもかこれでもか、と浮上してきていました
あーだこーだジタバタもがき、やっとピークを越えたようです
自我という幻想、私という思い込みを手放すプロセスが、容赦なく進んでいった感じです
いったいいつまで続くのか、と嘆きたくもなりましたが、でもどこかで大丈夫だとわかってもいました

その間、エゴの仕組み、その幻想性、苦しみの正体、をじーっと観察していました^^;

いま、空っぽな感じが更に定着していくのを感じています
「私」がいない経験は、いままで自分1人の時にしか起きなかったのですが、誰かと一緒にいても起きるようになり、すこしずつそちらがデフォルトになりつつあるようです
そうすると、相手も空っぽだということがよくわかります
そして、時間というものもないし、全てはただ起きているだけ
これ、があるだけで他には何もない、としか言いようがないことも
その自由さをどう表現すればいいのでしょうね
セッションはこれからも続けるけれども
その内容はおおきく変わって行くかもしれません

伊豆に引っ越したんです
何故?どうして伊豆に?
といろいろ聞かれますが、さあ、そんな成り行きになりまして、としか言えないんですよね
説明しようとすればあれこれ言えるけれど、説明しても仕方がないような感じでもあります
そのように起きただけ、かな
引っ越し先については、また詳しく書きますね(^ ^)
とっても素敵なところなんです

来月から東京出張セッションは、週一回程度行います
それ以外はスカイプなどでの遠隔
伊豆の山奥まで来てくださるのであれば、もちろん歓迎いたします
早速伊豆でのセッションをお申し込みくださる方もいて、とっても嬉しいです(*^_^*)

幻想の私を一枚ずつ脱いで、心も初夏服に着替えましょう(^_−)−☆

らくちんこ道じゅんころさんと

変わったお名前ですが、お会いするとごく普通の優しい女性です。大阪の道頓堀で非二元のお話会をされていて、何度かお会いしました。

メッセージはとてもシンプル、大和田菜穂さんと同じ、「これしかない」です。
でもエゴと思考にも付き合ってくださるし、お笑い芸人かと思うくらい面白いので、とっても楽しいんですよ。気さくに親身に話してくださって、とてもありがたいんです。
そして、わたしがじゅんころ効果、と呼んでいるものがあるのです。
なんというか、あ、そうか、というような。
何にも問題ない、深刻にならなくていい、ってことが、わかっちゃうというか、わかったような気がする、というか。そういうひとが続出しています。日常に戻るとまた思考に巻き込まれることが多いみたいですけれど、一度でもわかったら、忘れません。
その効果なのかなんなのか、「私」が消える体験が、ちょくちょく起きるようになりました。スピリチュアル・アナトミーと相乗効果を生んでいる気がしています。
一瞥とは少し趣が違いますが、先日は、ゆで卵の殻をむいている時にそれが起きました。
一瞥と同じで、そこには殻をむいている人はなく、目の前に卵と、動いている手があるだけ。思考は一切なく、時間が止まっている、というか、今しかないことがはっきりわかりました。あ、と思った途端にまた戻ったんですが。
またある時は、自我が抜けていく感覚が強烈で、そうするとそこには誰もおらず、恐れが全くなく、あらゆる行動に意味がありませんでした。ただ、愛だけがあって、愛に基づく行為だけが、まるで輝いているような、そんな感じ。
私という感覚が、他者を作り出し、時間を作り出し、過去と未来、原因と結果、迷いや苦しみを作り出していることが、本当にはっきり見えてきています。なんとまあ、不思議な生き物なんでしょうか、人間とは。
じゅんころさんにかかれば、自我なんてないし、これしかないし、あとは全部ストーリーなんですが。
そうは言っても私は、起きたことにこうやって考えを巡らせちゃいます。そして、何にも問題ない、って本当だったんだ、本当に本当に、問題なんてないんだ、とウルウルしちゃいます♫
スピリチュアル・アナトミー品川出張セッション、お知らせした当日にほとんど予約をいただき、残っていた枠も全て塞がりました。お断りせざるを得なかった方もおられて、心残りではありますが、今後も定期的に出張セッションをしていくつもりですので、またお目にかかれることがありますね♫
ケーススタディとして、目標の50セッションはすでに終わってしまいましたが、プラクティショナー資格を得るまでは、まだ継続していくつもりです。ももよさん曰く、1回のセッションでカウンセリング1年分に相当する効果があるとのことです。
引き続きお申し込み受け付けております^_−☆

クライアントさんが覚醒!?

先日セッションにいらしたクライアントさんが

「昨日不思議なことがありまして」
と話し出されたのです
スピリチュアル・アナトミーのセッションを3回
それ以前にもRB Solution のセッションを何回か受けてくださった方なのですが
「私がいない、ってことがわかりました」と
お話を伺うと、
一瞥とも違うし
いわゆる覚醒でもなさそうな
でもさらに詳しく伺うと
やっぱり覚醒したとしか思えないような
ご本人は、覚醒じゃありません、とおっしゃるのですが
思っていた覚醒のイメージと全然違うから、普通だから、と
長い間癒しにこだわってあれこれ探してきたけれど
ふと気がついたら
癒される私って誰?どこにいるの?
おらへんやんか〜〜〜〜って
気がついてしまったと
本当の自分は
今まで自分を自分だと思っていたその自分に気づいている何か、のほうで
しかも
自分だと思っていたものも
本当の自分、というものも
実は無い
無いやんか〜〜
目の前の椅子も
話している私も
ちゃんとあるけど
無いー
あれ???
な状態だそうで
そうなると
自由意志も選択もない
全ては起こるべくしてただ起きていて
なにひとつ変える必要がなく
原因とか結果ってものもなくて
全ては同時に起きているし
全ては大丈夫だとわかっている
辛いことがあってさえ
大丈夫だとわかっている
もう何かをしようとしなくていい
そう語る彼女の顔は
ひと月前とはまるで別人でした
お会いする度に、変容されているなとは思っていましたが
まさかこんなに変わるとは
全ては大丈夫だと腹の底からわかっている
深くリラックスしていて
波動がとても気持ちいい
それでも覚醒では有りません
エゴが残ってるのがわかるから
とおっしゃるけれども
もしそうだとしても
これだけわかっていれば十分ではありませんか?
十分幸せですよね
わかるもわからないも無いんです
とまたおっしゃるんですけどね〜
とにかく私は
嬉しくて仕方が無い
スピリチュアル・アナトミーって
本当にすごい魔法だと思います
もちろんそれだけでこのシフトが起きたとは思いませんが
ケーススタディやってます^_−☆

グレート・パラドクス

真実は
いまここにしかありません
いまここ、というのも本当は正確ではなくて
英語では
プレゼンス、と呼んだりします
他にもいろんな言い方がある
これ、とか、それ、とか
アイアム、とか、存在とか
名前のつけようがないのです
名前、概念、意味、時間、そういうものを一切超越しているから
だから、
それを言葉で表現するのは不可能に近い
無理なんです
言葉を当てはめた途端にそれは嘘になるからです
でもそこには確かに何かがあって
しかもそれは途方もなく大きくて
途方もなく静かで
そして開いている
喜び、としか言いようのないものに満ちている
愛、としか言いようのないものが溢れてくる
そして、
そこには誰もいないのです
誰もいない
意味もない
そしてそのことが
なんとも言えない安らぎを生む

それが空です

でも一方で
私たちは色の世界を生きている
つまり現象の世界です
あなたがいて
私がいて
あなたと私は違う人
これ、とそれ、は別のもの
年月が過ぎると年をとり
離れた人に会うのは一苦労
そういう世界を生きている

その両方が
同時に存在するのです

そして不思議なことに
空に気づけば気づくほど
存在の無意味さに開けば開くほど
これが私だ、と思い込んでいたものが
解ければ解けるほど

現象の世界
私がいる世界
色の世界は
生き生きとし始めるのです
なんというか
怖いもんなし
なんでも来い
そしてとても平和

しかも
いままでこれがリアルだ、と思っていたものが
実は幻想だとわかるだけでなく
その幻想の世界は
実はもっともっと広くて
もっともっとバラエティに富んでいて
もっともっとダイナミックだとわかり始める

私の場合だと
エネルギーがわかりはじめました
人の感情がわかったり
石や植物や動物の気持ちがわかったり
目に見えない存在が見え始めたり
宇宙人や龍やなにかと遊んだり
そしてそういうエネルギーを介して
みんながもっと幸せになるように
お手伝いできるとわかり始めたのです
私たちはこの身体、肉体を超えた存在
時間も空間も超えることのできる存在だと
実感しはじめました

面白くて仕方がありません
生まれて3ヶ月くらいの赤ちゃんは
世界があることに気づいて
楽しくて仕方がない
という仕草を示します
あーあー、まーまー、と喃語をいい
自分の手や足をものすごく嬉しそうにしゃぶります
あれー、こんなとこに面白いものがあるぞ
何だろうこれ
口に入れるとくすぐったいぞ
まさにあんな感じ

私がいないのに
私がいる素晴らしさ
この偉大なパラドックス
楽しまない手はありません

世界が幻想に過ぎないのなら
自分の内面の投影に過ぎないのなら
その幻想だって自分で作り変えられるはず
だって映し出しているのは私ですからね
どうやって作り変えようか
何を創り出そうか
考えるのってめちゃめちゃ愉快です
あなたもやってみませんか(^_-)-☆

非二元とセラピーとエネルギーワーク

非二元の世界では
私はいない、と言います
誰も存在していない
全てはただ起きているだけ

 

だとすると
セラピーとかエネルギーワークって何なの?
人生には意味も目的もなく
ただ全てが起きているだけなら
生きづらさを解消する必要もないということになるの?

 

一瞥したとき
誰もいないのだ、ということの意味がわかりました
本当に、何もありませんでした
これは後付けの解釈です、ここでは時間も主体も言葉も無いので
翌日になって、戻ってきた私は思いました
エゴのすることなくなっちゃった
せっかくセラピストになったのに
やることなくなっちゃった、と
本当にがっくりしました
何日か、ベッドから出なかったような気がします
あまり覚えていませんが
それがエゴの声、マインドの働きによるものだということはわかっていても
その虚しさはなかなか辛いものがありました

 

でもそれでも
私たちはこうして生きていきますね
「私」感覚は健在です、堅田理恵の場合
ご飯を食べるし
仕事に行くし
子供を育てます
「私」が食べているのではなく
食べる、が起きているだけだ、と言いますが

 

大和田菜穂さんは著書の中で
保育園に行っているとき子供は本当はいない、
とおっしゃっていますが
でも
いるとしか思えないし
いるものとして行動しますね

 

私はいないってうそぶいたって
職場の人間関係がうまくいかないのは苦しい
機能不全の家庭に育った苦しみはずっと見かけの私を縛ります
いないはずの私が恋に落ちて
嫉妬に苦しんだりすることもあるかもしれません

 

本当は誰もいない
この全くの空の中で
起きては消える様々な現象
生まれては死ぬ様々な命
名前のあるものたち
空の世界にあって
色の現象を生きる
その両方が同時に存在するのです

 

そして現象世界にも
目で見て手で触れることのできるもの以外に
目に見えない潜在意識とエネルギーの世界があります
そのエネルギーの世界、潜在意識の世界が
実は私たちの現象世界に大きな影響を及ぼしている
見かけ上の私のエネルギーが弱まっていくにつれて、そのことがよりはっきりと自覚されるようになっていきました

 

見かけ上の私が
見かけ上の世界で苦しんでいるとき
潜在意識やエネルギーにアクセスして
見かけ上の私を緩めることができるのです
自我とはエネルギーだからです
見かけ上の苦しみは
本当に見かけでしかないのだと
セラピーやワークを通して
腑に落とすことができるのです

 

それを繰り返していくと
「私」とは思い込みにすぎないことに気づきます
「私」だと思っていたものが
実は苦しみの原因だったのだとわかります
「私」なんていない、ということが腑に落ちた時
真に今この瞬間に実在する時
その静寂、そのしんとした平和を味わうとき
ああこれのことだったのか
深いため息が漏れるのです

 

Heavenly Blue でのセラピー、RB Solution©の方針が変わります
これまではセラピストがプレゼンス、今ここに立ち、クライアントさんをサポートしてきましたが
これからはクライアントさんにも、プレゼンスに在っていただけるよう誘導しながら進めます
その方が、解放が深くスムーズになり、真の自己とはなにか、を思い出していただくことこそが、最もパワフルな癒しとなるからです
もちろん、非二元や目覚めに興味のない方には、そのご意向に沿ったセッションを行います(^_-)-☆

 

プレゼンス&ダイレクトパスを体験する〜清里RBリトリート3日間

【プレゼンス&ダイレクトパスを体験する〜清里RBリトリート3日間】
レナード・ジェイコブソンから教わったプレゼンス、それから非二元のダイレクトパスをとことん体験するリトリートを開催します。
非二元の哲学そのものは練習も修行もあり得ないのだけど、プレゼンスの実践は唯一そこへ近づく道、一瞥した人にとってはその体験を深め定着できるとても有効な道じゃないかと思っています。
どんな体験も感情も愛からできている、そして本当の私たちはこの身体ではなくて全てだということを、実際に味わっていきましょう。このわくわくを、なんかシェアしたくてたまらないので、今回は利益度外視の激安です( ^ω^ )
清泉寮のデラックスコテージを借り切って行います。
日時 6月15日14時〜17日11時まで 清泉寮のコテージにて
費用は1人35000円(2泊3日夕食朝食各2回昼食1回含む)
参加者(残り2名)募集しまーす!
プレゼンスってなに?
ダイレクトパスってなに?
非二元てなに?

については、またおいおい書きます(順番が逆?)

大和田菜穂さん(*^-^*)

大和田菜穂さんのお話会にいってきました
衝撃に頭がガンガンしてました
でも同時に、とてもすっきりする

 

メッセージはとてもシンプルです。
本当は誰もいない、自分も自分以外も誰もいない
ただ、「全体」があって、そこから全てが生まれている
何もないけれど、同時に全てがある
そこから全てが単に起きているだけ
そのとてつもない自由さ
個人がそもそもいないから、目覚めるとか、悟るとか、あるいはそこへ至るプロセスもない
「全体」が、「全体」自身に気づくだけ
「私」が「私でないもの」「悟り」を求めて探究する限り、それにたどり着くことはあり得ない
探究のエネルギーはベクトルが真実とは逆を向いている
だから、目覚めるために「私」にできることは何もない

 

軽やかに、朗らかに生きている菜穂さんの姿を目の当たりにできたことは
堅苦しい悟りのイメージをまだ持っていた私には
本当に「痛きもちいい」感覚でした
破壊、されました

 

そのメッセージは、少し前に「私が」経験したものと実は同じです
車を運転していた時のことでした
誰もいなかった
何もなかった
ただ、運転が「起きて」いた
誰もいないのに、車はちゃんと走っていたんです
そして、何かが、それ自身に気がついた、
はっと
だけどそこで、「私」が戻っちゃったんです
気付いた瞬間に生じたエネルギーの爆発の威力にびっくりして
自我のエネルギーが復活してしまった
菜穂さんのように、完全に「私」が消えることをせずに
まさに一瞥

 

それをエゴ的私は嘆いたりもするけれど
でも
だからこそわかることがある、ということに気づきました
自分がいないってこのことか
ああこれが「それ」なんだ、という実感
「私」がいる感覚と
「私」がいない感覚の両方
その違いがわかる
何よりも、どうすりゃいいの、ってことのヒントがわかる
少なくとも自分には有効だったあれこれ
セッションの位置づけもはっきりしました

 

何もできないわけじゃない
できることは、あるんです
それなりに
探究のエネルギーを強化しない、逆に緩める方法
悟りを求めて永遠に彷徨わずにすむ方法
その微妙なさじ加減
そして、「自我」がじわじわと崩壊していくのを実感してもいます
だからいつか消えちゃうのかどうか、そりゃわかんないけども

でも、自由です、確実に