後悔からの自由と理由のない幸福

身辺の嵐のことを前回少し書きましたが
嵐に翻弄される木の葉であってもだいじょうぶな感覚を失わなかったのはなぜなのでしょう

セラピスト開業した頃
抱いていた自己肯定感には理由がありました
癌や鬱を経験し、そして楽になったのだから
トンネルには必ず出口があるとわかったのだから
出口を見つける方法を知っているのだから
これを伝えることができる
そして、エネルギーというか、ひとの感情や思いがわかるようになったことも

つまり、〇〇な私、というなにがしかの理由
これはこれで良かったと思います
素晴らしい感覚だったし、それで誰かが楽になって、喜んでもらえるのが本当に嬉しかった
天職を見つけたと思ったものです

でもことはそれでは終わらなかったのですね
〇〇な、という理由は
移り変わるからです
言い換えれば、
移り変わらないものなど、何一つ無いからです
〇〇そのものが変わることもあるし、〇〇に対する自分の意味づけが変わることもあります
理由のある幸福は、理由の変化とともに、消えるとまではいかなくても質的に変化するものなのですね

何がどのように起きたのか、書ければいいのですが、
それには本1冊分くらいかかるかもしれないのでここでは割愛します

何度も何度も感情の嵐に巻き込まれましたが、その最中にもにもそれをじっと見ている何かがありました
まったく静かに、まったくニュートラルに、ただそこにある何か
ときおりエアポケットのようにそこにすぽっとはまると
ただただ静かです
またそこから嵐のなかへ投げ出されても
何かが以前とはまったく違います

その違いについて気がついたことがあります
後悔がないのです
後悔、あるいは罪悪感、あるいは自己嫌悪
たとえば侮辱されて激しい怒りに燃えていても
わかってもらえなくて悲しくて泣いていても
そこに、自分を責める思いがない
自分が正しいからとかそういうことではなくて
開き直るとかそういうことでもなくて(正しくなくてもいいのです)
悔やむ、ということがないのです
あるいは恥じる、ということがないのかもしれない

苦しみの本質は
自己否定なんだと改めて痛感しました
自分を責める気持ち、これが何よりも苛むのです
あるいは深いところで、どこか自分というものを恥じている感覚

繰り返し脳裏に浮かぶ問題や悩みがあったら
そうっと自分に問いかけてみてください
誰かに対する怒りの陰に
消えない迷いの陰に
ご自分を責めるもう1人の自分がいないかどうか

〇〇な、がなくなってもOKになると
〇〇のない「私」っていないんですよね

自由だけが残ります♪