後悔からの自由と理由のない幸福

身辺の嵐のことを前回少し書きましたが
嵐に翻弄される木の葉であってもだいじょうぶな感覚を失わなかったのはなぜなのでしょう

セラピスト開業した頃
抱いていた自己肯定感には理由がありました
癌や鬱を経験し、そして楽になったのだから
トンネルには必ず出口があるとわかったのだから
出口を見つける方法を知っているのだから
これを伝えることができる
そして、エネルギーというか、ひとの感情や思いがわかるようになったことも

つまり、〇〇な私、というなにがしかの理由
これはこれで良かったと思います
素晴らしい感覚だったし、それで誰かが楽になって、喜んでもらえるのが本当に嬉しかった
天職を見つけたと思ったものです

でもことはそれでは終わらなかったのですね
〇〇な、という理由は
移り変わるからです
言い換えれば、
移り変わらないものなど、何一つ無いからです
〇〇そのものが変わることもあるし、〇〇に対する自分の意味づけが変わることもあります
理由のある幸福は、理由の変化とともに、消えるとまではいかなくても質的に変化するものなのですね

何がどのように起きたのか、書ければいいのですが、
それには本1冊分くらいかかるかもしれないのでここでは割愛します

何度も何度も感情の嵐に巻き込まれましたが、その最中にもにもそれをじっと見ている何かがありました
まったく静かに、まったくニュートラルに、ただそこにある何か
ときおりエアポケットのようにそこにすぽっとはまると
ただただ静かです
またそこから嵐のなかへ投げ出されても
何かが以前とはまったく違います

その違いについて気がついたことがあります
後悔がないのです
後悔、あるいは罪悪感、あるいは自己嫌悪
たとえば侮辱されて激しい怒りに燃えていても
わかってもらえなくて悲しくて泣いていても
そこに、自分を責める思いがない
自分が正しいからとかそういうことではなくて
開き直るとかそういうことでもなくて(正しくなくてもいいのです)
悔やむ、ということがないのです
あるいは恥じる、ということがないのかもしれない

苦しみの本質は
自己否定なんだと改めて痛感しました
自分を責める気持ち、これが何よりも苛むのです
あるいは深いところで、どこか自分というものを恥じている感覚

繰り返し脳裏に浮かぶ問題や悩みがあったら
そうっと自分に問いかけてみてください
誰かに対する怒りの陰に
消えない迷いの陰に
ご自分を責めるもう1人の自分がいないかどうか

〇〇な、がなくなってもOKになると
〇〇のない「私」っていないんですよね

自由だけが残ります♪

東京・熱海・京都およびSkypeでセッションを行っています
お問い合わせくださいね(^_−)−☆
ブログの内容に疑問や質問がある場合にも、お気軽にお問い合わせください

熱海にサロンを開きました♡

9月になりました
日中の残暑はまだまだ厳しいけれど、吹く風は明らかに秋の気配を漂わせていますね
空の青、海の青も、少し力が抜けたような感じです
またしてもブログの更新をサボってしまいました
この間引越しあり出会いあり別れあり、身辺なかなかの激動の夏でした
激しく移り変わるあれこれに木の葉のように弄ばれつつ
でも心の深いところにとても静かで広大なスペースが
少しも変わることなく広がっていることが
大きな救いでした
何があっても、どんなことを経験しても
だいじょうぶ、絶対にだいじょうぶなのだということが
さらに深く腑に落ちていく感じです
そうすると
嵐に弄ばれる木の葉であっても
安心してくるくる舞っていられますね
必ず着地するとわかっているから
九州には台風が近づいているようですが
私の嵐はひとまずやんだみたいです
熱海にサロンを開きました
窓から見えるのは空と山と海だけ
聞こえるのは川のせせらぎと鳥の声だけ
気持ちの良い風が海から吹き抜けていきます
忙しい日常のストーリーを一旦手放して
本来のご自分に戻るのに
もってこいの場所だと思っています
いらない荷物を降ろし
ご自分をじっくりと労わっていただくためのメニューを用意しました
東京での出張セッションも継続しますが
今後は熱海と京都の自宅サロンでのセッションに
もっと力を入れていきたいと思っています
お気軽にお問い合わせください(^_−)−☆

自己愛と自己受容

アニータ・ムアジャーニという人をご存知でしょうか?
末期癌のために危篤状態に陥ったあと、臨死体験をして生還し、奇跡的な回復を遂げた女性です。その経験から学んだ自己愛の重要性を、書籍や講演会でシェアしてくれています。
私の大好きな人です。
アニータのメールマガジンが届いたので、ラフですが訳してみました。一部割愛しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー私が癌で闘病していた時、私は自分の思考をとても恐れていました、なぜなら癌は自分のネガティブな思考によって作り出されたと考えていたからです。何かの恐れや不安やネガティブな考えが浮かぶたび、私はそれを否定し、抑圧し、押しやっていました、それらがネガティブな現実を実際に創り出すと信じていたからです。皮肉なことに、恐れを押しやれば押しやるほど、それらの思考は執拗になり、私はますます恐れにかられました。

癌によって瀕死になってようやく、私は自分の思考や感情をたくさん抑圧してきたことにきづきました。恐れのゆえに、ネガティブな思考を追いやろうとしていたのです

楽観的であり希望を持っていることは有益です、でも私たちは人生の苦難を避けられません。ポジティブでなければならないという信念は苦難に際しての苦痛を増すばかりです。すると私たちは自分の苦痛を恥じ、自分のスピリチュアリティが足りないために苦難を呼び寄せたと考えがちです。

もしも私が常に一定の感情や気持ちをネガティブだからといって抑圧し、もっとポジティブになるようにと自分に強いていると、自分自身に対して、私の思考は間違っている、というメッセージを送り続けているのと同じことなのです。私はそんな考えを持つべきではないと! つまり基本的に、私はありのままの私、私の感情を否定しているのです。そして自分の真正さを否定していることになるのです。これは自分に対してとても優しくないですし、気持ちや感情を抑圧して押さえつけておくことは不健康なことでもあります。

恐れから抜け出す最善の方法はそれを体験し尽くすことだと学びました。本物の黄金はそこにあるのです。つまり恐れがそこにあることを認識し、それを受容するのです。その存在を認め、それを感じきることを自分に許すのです。それを自分のものとして所有するのです。そしてそれができれば、恐れは消えますー構って欲しくて泣いている子供が、注意を払ってもらうと落ち着いてすやすやと眠りにつくようなものです。安らぎが訪れ、その安らぎの中で、私たちは再び人生に喜びを招き入れることができるようになります。

ありのままの自分でいることはポジティブであることよりももっと重要です。そしてその結果あなたはポジティブになり、それがあなたの本質なのです。

Anita(抄訳・堅田理恵)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

怒りや悲しみ、孤独や疎外感、それらのネガティブといわれる感情を感じることを、私たちはとても恐れています。それらを感じないように、感じてもすぐに忘れるように、そうやって生きることがいいこと、成熟した大人のすることであり、強い人のすることだ、と思っている人もいるのではないでしょうか?

あるいは、怒ってはいけない、泣いてはいけない、としつけられてきた人もいると思います。特に男性は、泣くことを禁じられて生きていると言っても過言ではないかもしれませんね。

でも実際は、それらの感情は抑圧されて肉体やマトリックスと呼ばれるエネルギーフィールドに蓄積されているのです。関節や筋肉や内臓にも、エネルギーのしこりとなって溜め込まれています。

そして、私たちはいつの間にか、なんだかもやもやする、やる気が出ない、楽しくない、といった気分の変調に悩むようになったり、あるいは病気にかかってしまったりするのです。

感情に向き合うのが一番の近道です。

東京出張セッションは17日と26日に空きがあります。

スカイプセッションは随時受け付け可能です。

草抜きとセラピー

伊豆へ来て多分10日以上経ちました

時間の感覚がなんだか曖昧で…
日付や曜日より、その日のお天気と気温が重要な感じ
セッションのスケジュールだけは忘れないように頑張っていますが

毎朝鶏の鳴き声で目が覚めて、朝7時には作業開始です^^;
先日は水を張った田んぼに入って草抜きをしました
水を張った田んぼを歩くのって、とっても大変
お尻が濡れるからしゃがむわけにもいかず、妙な中腰で作業しました
耕運機をかければほんの数十分で済む作業に、何日もかかります
緑の草を土に鋤き込んでしまうと、メタンガスが発生して苗にダメージを与えるので、丁寧に手作業で抜くのです
自然農法を知らないわけではないのですが、趣味の週末農業と農園とでは、やっぱり真剣さも違いますね

草を抜くのも、根を残さないように、根こそぎ抜く必要があります
そうしないとまた生えてくるから
アジャシャンティがそんなことを書いてたな、と思いながら作業しました
土中に隠れている根っこを抜くように、マインドも徹底的に洗い出す必要がある、というような話だったかな
根っこの感触を慎重に探っていきます
微妙な手触りで、力をいれて抜くべきポイントがわかります
セラピーに似ています
カウンセリングしながら、リーディングしながら、苦しみの原因となる思い込みやそのエネルギーを、丁寧に丁寧に探ります
ただ漫然とやってもセラピーの形にはなるかもしれませんが、ここ、というポイントがあるのです
そのときのその人の、その問題のコア、というか
自分のマインドを徹底的に鎮めて、感覚を研ぎ澄ませて、クライアントさんの言葉にならない声までもを聴きとります
探って探って、ここだ、というポイントをつかみます
草取りと違って、引っこ抜いたりはしませんけれどね(^_−)−☆
農作業のあとの筋肉痛が大変です^^;

5月の東京セッションの日程が決まりました
15日、17日、26日の3日間です
スカイプセッションは随時受け付けています
お申し込みの際は、対面・スカイプの別、希望日時を第3希望くらいまで書いて、メール頂けると助かります

らくちんこ道じゅんころさんと

変わったお名前ですが、お会いするとごく普通の優しい女性です。大阪の道頓堀で非二元のお話会をされていて、何度かお会いしました。

メッセージはとてもシンプル、大和田菜穂さんと同じ、「これしかない」です。
でもエゴと思考にも付き合ってくださるし、お笑い芸人かと思うくらい面白いので、とっても楽しいんですよ。気さくに親身に話してくださって、とてもありがたいんです。
そして、わたしがじゅんころ効果、と呼んでいるものがあるのです。
なんというか、あ、そうか、というような。
何にも問題ない、深刻にならなくていい、ってことが、わかっちゃうというか、わかったような気がする、というか。そういうひとが続出しています。日常に戻るとまた思考に巻き込まれることが多いみたいですけれど、一度でもわかったら、忘れません。
その効果なのかなんなのか、「私」が消える体験が、ちょくちょく起きるようになりました。スピリチュアル・アナトミーと相乗効果を生んでいる気がしています。
一瞥とは少し趣が違いますが、先日は、ゆで卵の殻をむいている時にそれが起きました。
一瞥と同じで、そこには殻をむいている人はなく、目の前に卵と、動いている手があるだけ。思考は一切なく、時間が止まっている、というか、今しかないことがはっきりわかりました。あ、と思った途端にまた戻ったんですが。
またある時は、自我が抜けていく感覚が強烈で、そうするとそこには誰もおらず、恐れが全くなく、あらゆる行動に意味がありませんでした。ただ、愛だけがあって、愛に基づく行為だけが、まるで輝いているような、そんな感じ。
私という感覚が、他者を作り出し、時間を作り出し、過去と未来、原因と結果、迷いや苦しみを作り出していることが、本当にはっきり見えてきています。なんとまあ、不思議な生き物なんでしょうか、人間とは。
じゅんころさんにかかれば、自我なんてないし、これしかないし、あとは全部ストーリーなんですが。
そうは言っても私は、起きたことにこうやって考えを巡らせちゃいます。そして、何にも問題ない、って本当だったんだ、本当に本当に、問題なんてないんだ、とウルウルしちゃいます♫
スピリチュアル・アナトミー品川出張セッション、お知らせした当日にほとんど予約をいただき、残っていた枠も全て塞がりました。お断りせざるを得なかった方もおられて、心残りではありますが、今後も定期的に出張セッションをしていくつもりですので、またお目にかかれることがありますね♫
ケーススタディとして、目標の50セッションはすでに終わってしまいましたが、プラクティショナー資格を得るまでは、まだ継続していくつもりです。ももよさん曰く、1回のセッションでカウンセリング1年分に相当する効果があるとのことです。
引き続きお申し込み受け付けております^_−☆

東京・大阪出張セッションのお知らせ

Heavenly Blueのサロンは、

京都府亀岡市にあります。

京都駅から電車で20分の、静かな田舎町です。

保津川下りや、トロッコ列車に乗ったことのある方もあるかもしれませんね。

嵯峨嵐山の割と近くです。

ですが、Heavenly Blueでは、出張セッションもすることにしました。

東京、および大阪を考えています。

更に、モバイルセッションもいたします。

ご自宅、病院などへこちらから出向き、お客様の安心安全な環境でセラピーまたはヒーリングを行います。

要らない荷物を降ろして、もっと自由に生きませんか?

ご興味がおありでしたら、お問い合わせください(^_-)-☆