ウォークイン!? はたまた次元移動!?

7月18日から三日間、Momoyo Kimioka さんのスピリチュアルアナトミーと龍のセミナーに参加するため、東京に行ってました。
その間の体験がミラクル過ぎて、京都に戻ってからも体調が追いつかず、調整が大変でした。

 

何が起きたの?

 

言葉で説明するのがとっても難しいのです。

 

一言で言うなら、次元移動するようになっちゃった。

 

以前から、異次元の何かに身体を操られる感覚は時々あって、しかもそれがセラピーになるので、こっそりセッションや自己ワークで使っていたりしたのですが

 

とうとう宇宙人に乗っ取られてしまいました
あれを宇宙人と言うのなら

 

セミナー会場からの帰り
電車の中で
なんだか、身体の使い方を忘れてしまったような感覚になり
非常にゆっくりとしか歩けないし
なにか、自分ではないものが、私の身体を勝手に使っているような
妙な感じ
眼はらんらんと見開いたままだし
スマホを使おうとしても指が動かないし
言葉の使い方もわからなくなるし
何かが私の眼を使って
あたりを眺め回している
まるで初めて世界を見るかのように

 

でも意識はちゃんとあるんです
おかしなことになってることは自覚している
そして自分は大丈夫だとわかってもいるの
安心していました

 

なんだかわからないそれは
楽しんでいるのです
ワクワクしている
笑い出したくてたまらない感じ

 

そのときには思考が普段の1割ぐらいまで減っていて
街中で挙動不振にならないように
目立たないようにすることぐらいしかできませんでした

 

友達は私を見て別人になってると言ってました
その状態は一旦収まってはまた始まる、を繰り返しつつ
今日までかかってだんだん私の身体と統合して行ったようです

 

でもこうして書いていてもやっぱり
意識がぎゅうっと引っ張り上げられる感じがします

 

見えるものが違う
同じ景色なのに
認識の仕方がまるで違うというか
しかもその意識レベルにはいくつもの段階があることが
はっきりとわかります

 

ある段階では
道行く人たちがほとんど
魂とはずれた生き方をしていることが見てとれます
幻想に過ぎない思考を信じてゆらゆら生きていて
まるで幽霊みたい
宇宙人らしき意識体は、それがおかしくて仕方がない
魂と一致しているのは赤ちゃん
赤ちゃんを愛おしそうに見ていた中年男性も、存在が魂とピタリと重なっていました

 

またある段階では
全てに意味がない
全くなんの意味もない
目的もないし名前もない
ただ、起きているだけ
ただ、大きな大きなエネルギーがあって
それは愛と呼ぶのも怖いほど強力でした

 

またある段階では
誰もいない

 

一体どういうことだろう
何が起きているのだろう
と考えて

 

次元移動してるんだな、という結論に達しました
一応の結論です
これからさらに
何を経験するのかわからないので

 

しかもこの移動は、
ある程度意図的にできるみたいです

そして、セラピーになる

続きは別記事で(^_-)-☆