親に愛されなかった子供は幸せになれないの?

親に愛されなかった子供は幸せになれないの?

私はずっとそう思っていました。
愛されなかったというのは厳然たる事実なのだから、
それを変えることなんてできないと。
与えられなかった愛の部分が欠けているのはどうしようもないことだと。
だから私は、それを他のもので埋めようとしました。
恋人、学歴、職場での評価、スキル…
人間関係でもがけばもがくほど、
泥沼に陥りました
その辛い経験をせめて美しいものに昇華させようと
詩や小説に打ち込んだりもしました。
でも一向に埋まらなかった
埋まるはずなどなかったのです
なぜなら
愛されなかったというのがストーリーだから。
愛されなかったという記憶を、いわば1つのプログラムとして自分に組み込んで
それに振り回されて生きていただけなのでした。
今この瞬間には起きていない過去の記憶を、
必要もないのにエンドレスに自動再生して生きていたのです。
それに気がついて、そのストーリーを手放すと
そのプログラムを削除すると
喜びが溢れ出しました。
力が内からみなぎるのがわかりました。
私は少しも欠けるところのない、完全な愛だったのです。
欠けたことなどなかったし、
補う必要もなかったのです
このままで
ただあるだけで
すでに完璧だったのでした
それに気づいた時
泣きました
わあわあと
笑いました
ケラケラと
いま
私はしあわせです
悩みはあるし
迷いもあるけれど
誤解されて傷ついたり
欲しいものが得られなくて落ち込むこともあるけれど
それでもしあわせ
なにか特別なことが起きたからではなく
特別なひとになれたからではなく
ただ
いまここに
こうしてあることが
こうしていられることが
それだけで
しあわせです
どうやってストーリーを手放したの?
そりゃあ真剣に取り組みました
でも、たかだか2年です
どんな風にしあわせなの?
会いに来てくださったらわかっていただけるかもしれません
それってどんな感じなの?
セッションを受けてくだされば体験できます。
スカイプ、自宅サロンでのセッションは随時
東京での出張セッションは、15日から18日です
お問い合わせくださいね^_−☆

気づかないで生きてきた

ブログの更新をしばらくサボってました。いま記録をみたら、一月も経っていてびっくりです。そんなはずはないんだけどなあ、と頭をぽりぽり。

実はいろいろありまして。いわゆる一瞥とかシフトとか。それを統合するのに時間がかかりました。セラピーをする意味が分からなくなりかけたりもして。でも、一応落ち着いたようです。その経緯についてはまた別の記事にしますね。

今日はお客様の声を。

入口は「メールを書きたくない」というテーマでしたが
抱えていたことすら気づいていない心の痛みを取り出していただき大感謝です。
「弟の面倒をみなきゃいけないから、泣いちゃいけない」
40年以上も、このプレッシャーを感じて、常に緊張していたとは知らなかった。
まあ、知ってたら、今頃発狂してただろうなあ(笑)
セッションが終わってから気づいたのですが
弟が体調をくずしたこともあり
このプレッシャーはここのところ、本当はより強くなっていたのかと思います。
そのまま感じると辛いから、無意識に感情に蓋をしていたのでしょう。
私の代わりをしてくれていたクマちゃんBlueにも大感謝、ハグハグしたいです~♪
ステキなセッションありがとうございました。
これはうろうろ迷い始める前に受けていただいたセッションなのです。先に書いたようなわけで言葉が出なくなり、ご紹介が遅くなりました。
この方は素晴らしいキャリアをお持ちのセラピストで、私はとても尊敬しています。だからなのか、痛みを見つけると開放はとてもスムーズに起き、こちらが拍子抜けするほどでした。そんな方ですら気づかずに来た痛みがまだあることがある、ということも、大変勉強になったセッションでした。
ありがとうございました。

Noと言えずにパンクしてしまう

   何でも引き受けてしまって、耐えきれずにパンクする。言いたいことが言えない。馬鹿にされるに違いないと思ってしまう。夜中に不安で目が覚める…
   こういう思いは結構たくさんの人が抱えて生きているのではないでしょうか。漠然としてとらえどころがないようでいて、実際の生きづらさは相当なものだと思います。
ほかでもセッションを受けておられて、テーマはある程度絞られているようでしたので、その方向でいくかほかの観点からアプローチするか決めるため、お話を伺いながら、同時に身体をスキャンしていました。
 カギは意外なところから見つかったのです。
 りえさん、先日のセッションありがとうございました。
最初に相談していたテーマでいこうかとしていた途中で体の状態をリーディングと質問で傷ついた女性性を癒して解放するセッションになりました。 女性性にブロックがあることも、それにまつわる記憶にも心当たりがありましたが、他のカウンセリングや自己ワークで扱ったことはありませんでした。
 まだ触れたくないものをセッションで扱うと、気分が悪くなったりして途中で中断することがこれまでにあったのですが、りえさんがヒーリングをしながらセッションを進めてくださったので、安心して奥にしまっていた怒りや悲しみをだすことができました。
 長年大切に(?)握りしめていたものが動いたからかセッション後は、見えないエネルギーの筋肉痛のような感じでぐったりきましたが、寝て朝起きたら、体が軽くなっていました^ ^ りえさんに教えて頂いた自己愛を深めるワークを続けてこれからも少しずつ少しずつ重たいものを下ろしていけたらと思います。
 りえさん、とっても優しくて温かいセッションをありがとうございました♩♩
 女性性の痛みをスキャンとリーディングで発見し、それにフォーカスすることにしました。準備ができていないものは、セラピストがどんなに頑張ってもワークすることができません。きっと、「その時」が来たのでしょう。
 抑圧されていた悲しみが、見つけてもらって喜んで出ていくのがありありとわかりました。セラピストとして、一番うれしい瞬間です。
 この一回のセッションですべてが一気に好転するわけではないでしょうが、こうやって一歩一歩、痛みをほぐしながら進みましょう!(^^)!
 Mさんがご自分を取り戻し、解き放ってきらきらと輝く姿が私にははっきり見えています(^^♪
 ありがとうございます。

トラウマと記憶

とてもつらい出来事があった時、私たちの心は、それをなかったことにしようとして隠すことがあります。

覚えているけれど、思い出すとつらいから、考えないようにする。

そもそもそんなことがあったことすら、忘れてしまう。

先日のケースは、覚えているけれど、そのことを考えても何の感情も湧かない、でした。

日常の一見些細なことでパニックともいえるほどの感情の洪水や息苦しさを覚えるけれど、それがなんなのかわからない、というご相談でした。

潜在意識にゆっくりとアクセスしながら、その原因を探っていくと 大変痛ましい経験をしたときの記憶が蘇ってきました。

思い出すだけで息ができない感じに襲われます。

それをゆっくりと解放していきます。

たくさんの涙が流れました。

恐怖、絶望、悲しみ、無力感 いろんな思いが流れていきました。

長い間押し殺してきた思いが。

やっと息をつける、とでもいうように。

以下は、セッションの後に寄せてくださったご感想です。

「例えば夜の月がそっと泉を照らすような‥理恵さんのヒーリングは、そんな慈しみの光をそっと心の奥に送って貰っているような感覚を与えてくれます、人が誰しも持つ心の傷に直接触れると言うよりは、私達の持つ自然治癒のエネルギーにそっと働きかけ、大きな愛で包んでくれます。これからもたくさんの人たちを理恵さんのヒーリングで癒してあげて下さい✨」

ありがとうございます。 あなたの魂の旅、痛みに向き合う勇気に、敬意を表します。