スピリチュアル難民って?

スピリチュアル難民という言葉を時々聞きます

長い間精神世界の探求を続けてきて、たくさん本を読んだしセミナーやワークにも通ったし
セッションだってたくさん受けたのに
ちっとも変わった気がしない
あるいは多少は変わったかも知れないけれど、でもやっぱり苦しい
もしかしたら、もっと苦しくなってしまった、ということもあるのかも
一体何が正しいのかわからなくなった
疲れちゃった
ということも

しかもこれまでにスピリチュアルに費やしたお金ときたら
相当な金額になってたりするようです

何故なんでしょうね

不思議でならないのです

私がスピリチュアルという言葉を知ったのは
2011年の春頃かな

絶対に揺るがない幸福を探して、でも怪しいぞ、信じられないぞ、とずっと疑ってました

そして悟りの世界を知ったのが
一昨年の5月頃

その頃と比べたら
私の人生は激変しました
どんどんどんどん楽になり
どんどんどんどん軽くなり
生涯最高の幸福感を毎日更新しています
もちろん嵐やどん底は何度も経験したけれど
それでも今は
とにかく幸せで仕方がない

それまでは
自分の人生は不幸の塊だと思ってました
なんて私は運が悪くて
なんて幸せから縁遠くて
辛いことの連続なのかって
怒りと悲しみでいっぱいでした
自分のことが大嫌いでした
病気にもなりました

そのことが
今は遠い夢のようです
本当に、
思い出そうとしてもなかなか思い出せない
歳のせいでしょ、って言う友達もいますけどね(^ ^)

苦しみは自分が作り出している
全ては幻想に過ぎない
壮大な壮麗な夢なのだとわかったのです
わかってみたらすごーく簡単な、単純なことでした
あっはっはーと笑いましたよ

今は面白くて仕方がない
次に何が起きるのか
次に何を経験できるのか

泣くことも怒ることもあるけど
怖がったり迷ったりもするけど

それでも万事OKだと
今は心からそう思える

そうすると
難民になっちゃった人が
どこでどんな落とし穴につまづいたのか
なんだかわかるみたいです
引っ張り上げることもできる
ほらほら、って手を持って立ち上がるのを手伝って
ぱんぱん、と服を払って
さあ行こ行こ、と一緒に歩き出す
Heavenly Blue はそういう場所です(^_-)-☆