大和田菜穂さん(*^-^*)

大和田菜穂さんのお話会にいってきました
衝撃に頭がガンガンしてました
でも同時に、とてもすっきりする

 

メッセージはとてもシンプルです。
本当は誰もいない、自分も自分以外も誰もいない
ただ、「全体」があって、そこから全てが生まれている
何もないけれど、同時に全てがある
そこから全てが単に起きているだけ
そのとてつもない自由さ
個人がそもそもいないから、目覚めるとか、悟るとか、あるいはそこへ至るプロセスもない
「全体」が、「全体」自身に気づくだけ
「私」が「私でないもの」「悟り」を求めて探究する限り、それにたどり着くことはあり得ない
探究のエネルギーはベクトルが真実とは逆を向いている
だから、目覚めるために「私」にできることは何もない

 

軽やかに、朗らかに生きている菜穂さんの姿を目の当たりにできたことは
堅苦しい悟りのイメージをまだ持っていた私には
本当に「痛きもちいい」感覚でした
破壊、されました

 

そのメッセージは、少し前に「私が」経験したものと実は同じです
車を運転していた時のことでした
誰もいなかった
何もなかった
ただ、運転が「起きて」いた
誰もいないのに、車はちゃんと走っていたんです
そして、何かが、それ自身に気がついた、
はっと
だけどそこで、「私」が戻っちゃったんです
気付いた瞬間に生じたエネルギーの爆発の威力にびっくりして
自我のエネルギーが復活してしまった
菜穂さんのように、完全に「私」が消えることをせずに
まさに一瞥

 

それをエゴ的私は嘆いたりもするけれど
でも
だからこそわかることがある、ということに気づきました
自分がいないってこのことか
ああこれが「それ」なんだ、という実感
「私」がいる感覚と
「私」がいない感覚の両方
その違いがわかる
何よりも、どうすりゃいいの、ってことのヒントがわかる
少なくとも自分には有効だったあれこれ
セッションの位置づけもはっきりしました

 

何もできないわけじゃない
できることは、あるんです
それなりに
探究のエネルギーを強化しない、逆に緩める方法
悟りを求めて永遠に彷徨わずにすむ方法
その微妙なさじ加減
そして、「自我」がじわじわと崩壊していくのを実感してもいます
だからいつか消えちゃうのかどうか、そりゃわかんないけども

でも、自由です、確実に

気づかないで生きてきた

ブログの更新をしばらくサボってました。いま記録をみたら、一月も経っていてびっくりです。そんなはずはないんだけどなあ、と頭をぽりぽり。

実はいろいろありまして。いわゆる一瞥とかシフトとか。それを統合するのに時間がかかりました。セラピーをする意味が分からなくなりかけたりもして。でも、一応落ち着いたようです。その経緯についてはまた別の記事にしますね。

今日はお客様の声を。

入口は「メールを書きたくない」というテーマでしたが
抱えていたことすら気づいていない心の痛みを取り出していただき大感謝です。
「弟の面倒をみなきゃいけないから、泣いちゃいけない」
40年以上も、このプレッシャーを感じて、常に緊張していたとは知らなかった。
まあ、知ってたら、今頃発狂してただろうなあ(笑)
セッションが終わってから気づいたのですが
弟が体調をくずしたこともあり
このプレッシャーはここのところ、本当はより強くなっていたのかと思います。
そのまま感じると辛いから、無意識に感情に蓋をしていたのでしょう。
私の代わりをしてくれていたクマちゃんBlueにも大感謝、ハグハグしたいです~♪
ステキなセッションありがとうございました。
これはうろうろ迷い始める前に受けていただいたセッションなのです。先に書いたようなわけで言葉が出なくなり、ご紹介が遅くなりました。
この方は素晴らしいキャリアをお持ちのセラピストで、私はとても尊敬しています。だからなのか、痛みを見つけると開放はとてもスムーズに起き、こちらが拍子抜けするほどでした。そんな方ですら気づかずに来た痛みがまだあることがある、ということも、大変勉強になったセッションでした。
ありがとうございました。

トイレ代わり?

今日は久しぶりにキレました(⌒-⌒; )
なんかねえ、怒った方がいいような気がしたの
その方が誠実なような

 

八つ当たりされるのは嫌いです
投影されるのは不愉快です
自分の不安は自分で始末をつけて欲しい
自分の無力感を暴力という形で吐き出さないで欲しい

 

自分の感情くらい
自分で責任を取りましょうよ

 

感情に気づいて
自分のものだと認めて
抱きしめるだけのことです

 

それが自分のものだと気づかない
それが一番厄介ですね
でも自分のものだとわかっていても
この相手ならぶつけても構わない、と思っているなら
それはもっと厄介かも
誰かをトイレの代わりにしてるのと
同じだと思うから

 

大切な人って
トイレ代わりじゃないでしょ?

 

私は、
暴言の数々、荒い波動に傷ついた
なので傷ついたことを表明します
それをどう受け取るかは相手の問題
それから
傷ついた自分の心と向き合って
ちゃんとケアしてあげます

 

みんなが自分の感情に責任取れるようになれば
世界の平和なんてあっという間に実現できちゃうんだろうな
きっと^_−☆

良い子の怒り

長い間良い子で生きてきた人は
怒るのが苦手です
わがままを言うことができません
我慢に我慢をかさねて
懸命に努力して生きてきました
思いやりはあるし
責任感も人一倍
なのに何故か正当に評価はされず
損してばかりだったりします

とにかく怒らないように
優しい良い人でいるように
懸命な努力をしてきました
だからわがままな人が大嫌い
自由な人が癪にさわることもあったり

良い子でいた理由は様々です
その方が得だから
そうしないと大変な目に合うから
あるいは特に理由はない場合も
生まれ持った魂の性質も関係しているので
一概には言えませんが
いずれにせよ

嫌だったこと
嫌だと言いたかったこと
あったはずです
それを我慢して
ずっと良い子を続けてきても
それは無理をしてるだけ
溜め込んだ感情は
あなたを蝕みます
苦しかったり
病気になったり
思いもかけない時に噴き出して
人を傷つけたりもします

人を傷つけた時
一番深手を負うのは自分です
もしも子供に八つ当たりなんてしたら
子供にトラウマを作っちゃいます
そうして、その罪悪感がいつまでも自分を責め続けることも
それが怖くて
親になることをためらう場合だってあるかもしれません

怒りを解放しましょう
上手にね
押さえつけてきた荒ぶる獣を
解き放ちましょう
賢くね
できるんですよ

正しいかどうかはどうでもいい
道理に適っているかもどうでもいい
わがままだっていいんです
子供染みていても構わない
今怒っているなら
今悲しいなら
寂しいのなら
それこそが何よりも大切

その気持ちに気付いてあげて
その気持ちに寄り添って
吐き出させてあげましょう

だって私も悪かったし、とか
だって彼も疲れてたんだし、とか
だって私はもう大人なんだし、とか
そういうのはなし
腹立つものは腹立つし
悲しいものは悲しいんです
寂しいなら寂しいの

だってあなたにとって
あなた自身ほど頼りになる人はいない
あなたがわかってあげなくて
他の誰があなたを助けてくれると言うのでしょうか?

気付いたって苦しいだけ
感じたところでどうしようもない
そう思ってきたのかもしれません
そんなことないの
我慢するより
押さえつけるより
気づく方が
感じる方が
そして吐き出す方が
はるかにはるかに楽なんです
そうして幸せになれるんです

どうやるの?

方法はいろいろあるけれど
とりあえずは
お皿を割るとか
大声で喚くとか
簡単で、効き目があります
スポーツやカラオケもいいかも
でも気晴らしと発散は違うから
感情に向き合うことが大事です
紛らわすんじゃなくて、
ちゃんと向き合う

欠けてしまったお皿を集めておくんです
破片で怪我しないように袋に入れて
で、思い切り割る
丈夫な棒で叩いたりして
叫ぶなら
私の場合は車に乗って
ホームセンターの駐車場とか
河原に行ってやってました
運転中に叫ぶのもいいですよ
誰も気がつかない

自分でできるセラピーテクニックもあります

でも
溜め込んできた古い感情は
そう簡単には解放できません
ストーリーと絡み合って
お団子になってるので

そういう時には
セッションね(^_-)-☆

家族

 セッションの感想をいただきました。

 

理恵さん、先日はセッションありがとうございました。
今回取り上げたテーマは私にとってかなり重要なテーマでした。
理恵さんにセッションして頂きながら話を聞いて頂き、問いかけにそって自分の感情を感じてみました。
そうすると今 まで気づいていてもつらいので見ないようにしていた感情がどんどんわき上がってきました。
怒り、不安、孤独、無価値感・・
どうやら私は自分に怒りの感情を感じることを禁止していたようです。
これは今回のセッションでの大きな発見でした。
怒り、悲しみの感情を解放したら、体の緊張感が緩みそれと同時に気持ちが軽くなって行くのを実感しました。
事実は変わらないけれど、それに対するイメージがポジティブに変化したことが大きかったです。
継続してセッションをお願いしたいと思っています。
自分の中の気づきが促進され浄化がが起こるセッションなのでとてもお すすめです。
理恵さん、ありがとうございました。

息苦しさを抱えていることはわかっているけど、それをどうすればいいのかわからない、というのは、大変つらいものですよね。つらさが漠然としているほど、実は苦しみは大きく複雑であることが多いんじゃないか、というのが私の実感です。

 今回のテーマを丁寧に掘り下げていくと、見えてきたのはお母様との確執でした。
親子や夫婦などの家族関係の問題は、いくつものストーリーと感情が絡み合って大きな塊を作ってしまっているので、自分でほどこうとしても、なかなかうまくいきません。下手をすると大変な苦痛を味わって、結果さらに抑圧してしまうことにもなりかねないのです。
 長い間に形成された心の癖、つらさは、ご本人にとっては当たり前になってしまっているので、気付くことすら難しかったりもします。
 通常、セッションは一つのエピソードに絞って解放を行います。漠然と感情にアプローチするよりも、その方が効果が高く、深いことが多いからです。しかし、この時は幾つかのエピソードを拾い上げ、一気に流すことにしました。「楽になったと実感できること」に焦点を当てたとでも言うか。
 長い年月をかけて形成された感情の塊は、芋づる式につながっているので、一つを解放すればそれでおしまい、とはいきません。セッションがパワフルであればあるほど、その後にはそれまで抑圧してきた感情が浮上してくるものなんです。好転反応とも言えるかもしれませんね。
 この時期をどう過ごすかはとても重要です。これをまた抑圧してしまえば、元の木阿弥ですから。
 フォローアップメールを差し上げたり、対話を行うことで、かなり楽に過ごせますし、セッションの効果も定着します。
 さらに、継続してセッションを受けていただくことを、おすすめします。
    でも大丈夫、トンネルの先には、必ず出口がありますから(^_-)-☆

 

わかってくれる人

わかってほしいという願い
持っていない人はいないと思います
褒められたら嬉しいですよね
認められたら誇らしい
書いたもの、作ったもの、喜んでもらえたら嬉しいし
職場なら上司に評価してもらえたらやる気出ますよね
分かり合える恋人や友達ってとっても落ち着く

でも逆に
わかってもらえなかったらどう感じますか
言いたいことが伝わらない
それどころか誤解された
努力が評価されない
気持ちが通じない
無視された
否定された
そういう時どんな風に感じますか
それを感じたらあなたはどうしますか

ぐっと飲み込んで忘れますか
わかってもらえる人や場所を探してさまよいますか
わかってもらうことを諦めますか
そんなこと本当にできますか

本当はね
あなたをわかってあげるのは
あなたの仕事なのです
わかってもらいたいという思いを
一番わかってあげなくちゃいけないのはあなた自身なのです
それはずっと昔にあなたが置き去りにしてきてしまった小さなあなたの声
封じ込めてしまった悲しい思い
安心できる場所を求めて迷っている
わかってほしいと思っていたこと
何をわかってほしいと思っていたのか
何に気づいて欲しかったのか
誰に気づいて欲しかったのか
あなたがそれを見つけて
あなたがわかってあげない限り
あなたが本当にわかってもらえたと感じることもできません
誰に会っても、どこへ行っても
外側にはないのです

でももしもそれができたら
わかってもらいたかった小さなあなたに出会い
心から抱きしめることが出来たなら

わかってもらいたかった思いは喜んで流れていきます
この時を待っていた、と大きな吐息をついて
あなたはもう迷う必要がない
探す必要がない
わかってもらえないといって傷つくことがない

そしてどういうわけか、
わかりあえないと思っていた人とのコミュニケーションがスムーズになり
わかってくれる人にどんどん出会えるようになるのです

ただ、その隠れている思いを見つけるのは
自分ではなかなか難しい
そういう時に、私がお手伝いします
15:50

もやもやとした思い

引き続いてお客様の声です。

「先日はセッションありがとうございました。
内容は過去にも色んなところでカウンセリングしていましたが、今回は一番深く入ったセッションでした。
20年間、全く気付いていない側面として自分を許さず自分を否定したまま悲しんでいたことに驚きました。
りえさんの鋭い質問でどんどん深くに入っていくので、感情もどんどん湧いてくるのですが、体の苦しい場所に何も言わなくても手を添えて、感情を洗い流してくれるのでフワッと楽になりました。
私は感情を言葉にするのが苦手なので、りえさんのセッションはとてもやりやすかったです。
ありがとうございました♡」

E、30代、女性

テーマは、「何かやらなくちゃと思うけれど、何をやりたいのかわからない」、というものでした。

こういう漠然としたテーマは、一見それほど深刻ではないように見えます。




しかし丁寧なカウンセリングで見えてきたものは、過去の大きなトラウマ、そのトラウマによってその後の人生がすっかり変わってしまったこと、そして、強い自己否定の感覚でした。




その自己否定の感覚が強烈すぎるために、感情を感じることが苦手になり、感じても否定してしまい、そのために何がやりたいのか、何が楽しいのかもわからなくなってしまう。漠然としていたのは、苦しみが軽いからではなく、むしろ重すぎるからだったのです。




それを突き止め、少しずつ少しずつ、ゆっくりと溶かしていきました。抑圧が激しいのは、それだけ痛みが強いからです。ですから局所麻酔を当てながら傷を治療するように、柔らかく柔らかくアプローチします。




一度のセッションですべてを癒しきることはなかなか難しいと思いますが、それでもたくさんの痛みが流れ出しました。

その後くださったお便りでも、少しずつ日々の暮らしが明るくなっているそうです。

クライアントさんが、重い荷物を降ろし、新しい空気を吸い、人生を取り戻していかれる、そんな現場に立ち会える。




セラピスト、なんて素晴らしい仕事なのかと天を仰ぎます。




Eさん、ありがとうございます。