第2回東京出張セッションのお知らせ(^_-)-☆

前回の出張セッションでは、たくさんのお申し込みを頂きありがとうございました。

お会いできた方々とは、なにか深い縁が結ばれたような気持ちでいます。

それにたくさんの差し入れ、ありがとうございました。食事する時間を取っておくのを忘れたので、おにぎりの差し入れとかとってもありがたかったです(⌒-⌒; )

もっとじっくりとおひとりおひとりに時間をかけたセッションをしたかったな、と思いますが
なにぶんケーススタディのため時間に限りがあり、皆さんを無理やり異次元空間への旅から呼びもどさなくてはならなかったのが、ちょっと心残りです。
それでも皆さんに、真実の自分の一端、思考から自由になった深いリラックスを、体験していただけたようで大変嬉しいです。
継続セッションをご希望くださった方が9割以上あり、前回お受けできなかった方のご希望にも応えたいので、第2回東京出張セッションを行います。
場所は同じ品川で、前回よりも1日長く滞在します。
告知する前に大半が埋まってしまったので、空きは残り数枠となりました。
ご興味のある方はお早めにお申し込みくださいね^_−☆
=========================
品川出張セッション第2回
12月11日〜14日  料金6000円(出張費混み)
お申し込みはお問い合わせフォームからお願いします。
=========================

らくちんこ道じゅんころさんと

変わったお名前ですが、お会いするとごく普通の優しい女性です。大阪の道頓堀で非二元のお話会をされていて、何度かお会いしました。

メッセージはとてもシンプル、大和田菜穂さんと同じ、「これしかない」です。
でもエゴと思考にも付き合ってくださるし、お笑い芸人かと思うくらい面白いので、とっても楽しいんですよ。気さくに親身に話してくださって、とてもありがたいんです。
そして、わたしがじゅんころ効果、と呼んでいるものがあるのです。
なんというか、あ、そうか、というような。
何にも問題ない、深刻にならなくていい、ってことが、わかっちゃうというか、わかったような気がする、というか。そういうひとが続出しています。日常に戻るとまた思考に巻き込まれることが多いみたいですけれど、一度でもわかったら、忘れません。
その効果なのかなんなのか、「私」が消える体験が、ちょくちょく起きるようになりました。スピリチュアル・アナトミーと相乗効果を生んでいる気がしています。
一瞥とは少し趣が違いますが、先日は、ゆで卵の殻をむいている時にそれが起きました。
一瞥と同じで、そこには殻をむいている人はなく、目の前に卵と、動いている手があるだけ。思考は一切なく、時間が止まっている、というか、今しかないことがはっきりわかりました。あ、と思った途端にまた戻ったんですが。
またある時は、自我が抜けていく感覚が強烈で、そうするとそこには誰もおらず、恐れが全くなく、あらゆる行動に意味がありませんでした。ただ、愛だけがあって、愛に基づく行為だけが、まるで輝いているような、そんな感じ。
私という感覚が、他者を作り出し、時間を作り出し、過去と未来、原因と結果、迷いや苦しみを作り出していることが、本当にはっきり見えてきています。なんとまあ、不思議な生き物なんでしょうか、人間とは。
じゅんころさんにかかれば、自我なんてないし、これしかないし、あとは全部ストーリーなんですが。
そうは言っても私は、起きたことにこうやって考えを巡らせちゃいます。そして、何にも問題ない、って本当だったんだ、本当に本当に、問題なんてないんだ、とウルウルしちゃいます♫
スピリチュアル・アナトミー品川出張セッション、お知らせした当日にほとんど予約をいただき、残っていた枠も全て塞がりました。お断りせざるを得なかった方もおられて、心残りではありますが、今後も定期的に出張セッションをしていくつもりですので、またお目にかかれることがありますね♫
ケーススタディとして、目標の50セッションはすでに終わってしまいましたが、プラクティショナー資格を得るまでは、まだ継続していくつもりです。ももよさん曰く、1回のセッションでカウンセリング1年分に相当する効果があるとのことです。
引き続きお申し込み受け付けております^_−☆

東京出張セッションのお知らせ(^_-)-☆

11月15日〜17日、東京でスピリチュアル・アナトミーの出張セッションをします♪

普段住んでいる京都の田舎にも、わざわざ来てくださるお客様が増えて来て、とっても感謝しています。中にははるばる海を越えてまで!?
おかげさまで帰国後セッションを始めてから3週間で、
目標のケーススタディ50セッションのうち、40近くが埋まりました。
ありがとうございます*\(^o^)/*
このセッションはスカイプでもできますが
やればやるほど、
もっとたくさんのクライアントさんに直に会って、
眼を見てお身体に触れてセッションしたいという気持ちが募ってきて
スカイプで受けてくださっている方々にもお会いしたくて
我慢できないので上京します〜*\(^o^)/*
出張費込みの6000円!
はっきり言って交通費や滞在費を考えると多分赤字なんですが
それでもやりたいの!
このセッションの楽しさを味わっていただきたい!
身体にしまいこまれている情報と、直に対話したい!
ヒーリングでもない
セラピーとも違う
これこそ魔法!
クライアントさんが
思考と感情の迷路から抜け出せた瞬間
あ、というその一瞬
そのあとの脱力、自由な感じ
輝き始める眼
それを直に共有したい!
場所は品川です。
ご興味のある方は
問い合わせフォームからご連絡くださいね^_−☆

クライアントさんが覚醒!?

先日セッションにいらしたクライアントさんが

「昨日不思議なことがありまして」
と話し出されたのです
スピリチュアル・アナトミーのセッションを3回
それ以前にもRB Solution のセッションを何回か受けてくださった方なのですが
「私がいない、ってことがわかりました」と
お話を伺うと、
一瞥とも違うし
いわゆる覚醒でもなさそうな
でもさらに詳しく伺うと
やっぱり覚醒したとしか思えないような
ご本人は、覚醒じゃありません、とおっしゃるのですが
思っていた覚醒のイメージと全然違うから、普通だから、と
長い間癒しにこだわってあれこれ探してきたけれど
ふと気がついたら
癒される私って誰?どこにいるの?
おらへんやんか〜〜〜〜って
気がついてしまったと
本当の自分は
今まで自分を自分だと思っていたその自分に気づいている何か、のほうで
しかも
自分だと思っていたものも
本当の自分、というものも
実は無い
無いやんか〜〜
目の前の椅子も
話している私も
ちゃんとあるけど
無いー
あれ???
な状態だそうで
そうなると
自由意志も選択もない
全ては起こるべくしてただ起きていて
なにひとつ変える必要がなく
原因とか結果ってものもなくて
全ては同時に起きているし
全ては大丈夫だとわかっている
辛いことがあってさえ
大丈夫だとわかっている
もう何かをしようとしなくていい
そう語る彼女の顔は
ひと月前とはまるで別人でした
お会いする度に、変容されているなとは思っていましたが
まさかこんなに変わるとは
全ては大丈夫だと腹の底からわかっている
深くリラックスしていて
波動がとても気持ちいい
それでも覚醒では有りません
エゴが残ってるのがわかるから
とおっしゃるけれども
もしそうだとしても
これだけわかっていれば十分ではありませんか?
十分幸せですよね
わかるもわからないも無いんです
とまたおっしゃるんですけどね〜
とにかく私は
嬉しくて仕方が無い
スピリチュアル・アナトミーって
本当にすごい魔法だと思います
もちろんそれだけでこのシフトが起きたとは思いませんが
ケーススタディやってます^_−☆

自己愛と境界線

セッションの中で私は

クライアントさんのエネルギーを吸い込みます
思考も感情も記憶も
トラウマも過去生も
できる限り何もかも
それらは身体を通過するだけのことが多かったのですが
最近は私の身体を使って解放が起きるようになりました
往々にして
激しい悲しみや恐れや怒りに
のたうちまわることになります
ちょっとだけオカルトドラマみたいです(^_^;)
境界線はどうするの?
それで自分は大丈夫なの?
そういう声も聞こえてきそうですが
ちゃんと境界線は引けていて
セッションのあと私は平気です
自分のものじゃないとわかっているので
同化しないんでしょうね
でもセッション以外だと
それは以前は難しかった
ふと出会う人や親しい人のエネルギーも敏感に感じるけれど
プレゼンスに在ることで
自分を守ってきました
でもうまくいかないことも多かったのです
守ろうとすると却って握りしめてしまうみたいで
もう開き直りました
もともと私は吸い込む体質なんだから
思い切り吸い込んじゃえ、と
そしてひたすら愛に変換して吐き出します
恐れは抵抗を生みます
抵抗が苦しみを生む
私のなかでその恐れが減れば減るほど
吸い込むことへの抵抗がなくなればなくなるほど
ますます平気になっていくみたいです
自我が脆弱なうちはできなかったことだと思います
自分を愛し信じられるようになったことが大前提なのでしょう
そしてさらに
自分のエネルギーを吸い込んでも面白いことが起きるのです
最近結構辛いことがあって
湧き上がる思考や感情を持て余し気味でした
ダイレクトパスや各種ワークのあれやこれや
そのエネルギーとの同化を避けようといろいろやってみたけれど
そうだこれも吸い込んじゃえ、と
私の悲しみや寂しさやそういうものも
大口開けてうーんと吸い込みました
すると同じように消えていくのです
人のとか自分のとか関係ないんですね
これを受容というのでしょう
統合とも言えるかな
自分というものは本当はない
自分とか人とか区別なんてできない
感情や思考に、良いも悪いもない
排除すべきものなんてない
つらい出来事や思いも
抵抗しないで受け止めさえすれば良いのですね
スピリチュアル・アナトミーのケーススタディにたくさんのお申し込みを頂き
ありがとうございます
まだ受付続行中です
お申し込みお待ちしています^_−☆

スピリチュアル・アナトミーのケーススタディを始めます

ずっとブログを更新していないのに、毎日たくさんの方に訪れていただいて、ありがとうございます
さて、
スピリチュアル・アナトミーのケーススタディを始めます
限定50セッション、破格の4000円!

9月後半の2週間、ロンドンに行っていました

Momoyoさんの、スピリチュアル・アナトミーのプラクティショナートレーニングを受けるためです
きっかけはあの動画、派手にクライアントさんがぶっ倒れるのを見て、何が起きてるの? なんでああなるの⁉︎ という好奇心を掻き立てられたことでしたが
実際自分が受けてみて、びっくり
マインドが削除されるのです
脳幹から、マインドのエネルギーがざーっとデリート(削除)されるのがありありとわかる
そしてめちゃ気持ちいい
それでいて、意識はちゃんとあるのです
周りで起きていることもわかっている
体は動かないのですが、現実に戻ろうとすれば戻ることもできます
頭は痛くなりますが
そしてこのワークのコンセプト
人間の苦しみは、思考と感情の絡まり、それを真実だと思い込んでいるところから生まれる
3次元で私たちが見ているものは、4次元の情報の投影にすぎない
だから4次元の情報にアクセスして書き換えることができれば、3次元の現実なんてどうとでもなる
真の幸福とは、3次元の現実が思い通りになることではなく、本当の自分を思い出すこと
本当の自分とは、いつでもここにあって、決して失われることのない、魂としての自分、その本質は愛
魂にとって全てに意味はない、ただ静かなだけ、私というのは本当はいない
それは3次元との同化、思考や感情、私という思い込みとの同化から外れることで思い出せる
このワークの目的は、クライアントさんを3次元との同化から外し、4次元へ連れ出すことで、クライアントさんの覚醒を目指すもの
東京のセミナーでこういう説明を聞いた時、私は震えあがりました
だって、非二元にそっくりじゃないですか
私がやろうとしてきたことにすごーく近い!
もちろん違うところもあるけれど
しかも、それがワークになっている!
で、ロンドンに行ってまいりました!
みっちり9日間、トレーニングを受けてまいりました!
龍や、宇宙人とも、太陽神や月の神様とも遊んでまいりました(*^^*)
帰国してからもずっと思考停止あるいは低下状態でふらふら
エネルギーはずーっとぐるぐる
寝てばっかりでしたが
本当は、帰国したらすぐにセッションを始めた方がいい、とのアドバイスをいただいていたのです
でないと、エネルギーを持て余して身体を壊すんだそうで
で、セッションを始めてみると
確かにすっきりしますね〜
やっと、ブログを書けるほど思考が回復してきました
というわけで、ケーススタディを始めます
興味がおありの方は、是非お申し込みくださいね(^_-)-☆
40〜60分で4000円です

 

セラピーを知って生きづらさから自由になる!

今日は所属しているボランティア団体の行事で
自殺予防の勉強会に参加しました
出席していた方々は様々な立場や肩書きながら、なんらかの形で自殺予防や遺族のケアや障害福祉に携わっておられました

ご子息が自殺なさった経験をお持ちの方からお話をお聞きしたあと
私たちに何ができるか、どうすればいいのか
話し合いをしたのですが

みなさん、セラピーというものをご存知ないんですね
鬱といえば
投薬治療とせいぜいカウンセリング
病気を取り巻く環境や状況への働きかけをするシステムはいろいろありますが
その苦しさそのものへのアプローチは医療以外にも可能なのだということを
ご存知ないようでした

私も鬱を経験しましたが
投薬治療だけでは治りませんでした
それは必要かつ有効な手段ではありますが
それで治癒に至ることはほとんどないのじゃないかと思っています
鬱などの苦しみの原因は主に心にある
その心の苦しさにアプローチできなければ
楽にはなれません
カウンセリングもたくさん受けました
時間とお金はかかったけれど
それで何かが解決したかと考えるとやっぱりノーです
カウンセリングでは通常顕在意識を変えようとするけれど
苦しみの原因は大半が潜在意識にあるからです

中には藁をもすがる思いで
宗教やお祓いのようなところを頼る方もいるようです
多分効果はないのじゃないでしょうか

じゃあ、
なぜ私は元気になったのか?
セラピーです
欧米ではセラピーはとても進んでいて、評価も高いそうです
潜在意識にアクセスするセラピーをイギリスで学んだことで
私は生まれ変わりました

いろんな方法があるんですよ

私が使っているのは、オリジナルメソッドのRB Solution の他にも、
EFT、TRE、マトリックスリインプリンティング、アクセスバーズなどなど
薬のような副作用の心配も全くなく
EFTであればご自分で行うことができます
道具も才能もいりません

医療ではないし
必ず治るということも保証はできませんが
楽になることはほぼ間違いないと思います

究極的には
鬱を治さなきゃいけないって本当なの?
自殺しちゃだめって本当なの?
苦しみってそもそも本当にあるの?
というところまで
突き詰めていきたいですけれどね(^_-)-☆

グレート・パラドクス

真実は
いまここにしかありません
いまここ、というのも本当は正確ではなくて
英語では
プレゼンス、と呼んだりします
他にもいろんな言い方がある
これ、とか、それ、とか
アイアム、とか、存在とか
名前のつけようがないのです
名前、概念、意味、時間、そういうものを一切超越しているから
だから、
それを言葉で表現するのは不可能に近い
無理なんです
言葉を当てはめた途端にそれは嘘になるからです
でもそこには確かに何かがあって
しかもそれは途方もなく大きくて
途方もなく静かで
そして開いている
喜び、としか言いようのないものに満ちている
愛、としか言いようのないものが溢れてくる
そして、
そこには誰もいないのです
誰もいない
意味もない
そしてそのことが
なんとも言えない安らぎを生む

それが空です

でも一方で
私たちは色の世界を生きている
つまり現象の世界です
あなたがいて
私がいて
あなたと私は違う人
これ、とそれ、は別のもの
年月が過ぎると年をとり
離れた人に会うのは一苦労
そういう世界を生きている

その両方が
同時に存在するのです

そして不思議なことに
空に気づけば気づくほど
存在の無意味さに開けば開くほど
これが私だ、と思い込んでいたものが
解ければ解けるほど

現象の世界
私がいる世界
色の世界は
生き生きとし始めるのです
なんというか
怖いもんなし
なんでも来い
そしてとても平和

しかも
いままでこれがリアルだ、と思っていたものが
実は幻想だとわかるだけでなく
その幻想の世界は
実はもっともっと広くて
もっともっとバラエティに富んでいて
もっともっとダイナミックだとわかり始める

私の場合だと
エネルギーがわかりはじめました
人の感情がわかったり
石や植物や動物の気持ちがわかったり
目に見えない存在が見え始めたり
宇宙人や龍やなにかと遊んだり
そしてそういうエネルギーを介して
みんながもっと幸せになるように
お手伝いできるとわかり始めたのです
私たちはこの身体、肉体を超えた存在
時間も空間も超えることのできる存在だと
実感しはじめました

面白くて仕方がありません
生まれて3ヶ月くらいの赤ちゃんは
世界があることに気づいて
楽しくて仕方がない
という仕草を示します
あーあー、まーまー、と喃語をいい
自分の手や足をものすごく嬉しそうにしゃぶります
あれー、こんなとこに面白いものがあるぞ
何だろうこれ
口に入れるとくすぐったいぞ
まさにあんな感じ

私がいないのに
私がいる素晴らしさ
この偉大なパラドックス
楽しまない手はありません

世界が幻想に過ぎないのなら
自分の内面の投影に過ぎないのなら
その幻想だって自分で作り変えられるはず
だって映し出しているのは私ですからね
どうやって作り変えようか
何を創り出そうか
考えるのってめちゃめちゃ愉快です
あなたもやってみませんか(^_-)-☆

スピリチュアル難民って?

スピリチュアル難民という言葉を時々聞きます

長い間精神世界の探求を続けてきて、たくさん本を読んだしセミナーやワークにも通ったし
セッションだってたくさん受けたのに
ちっとも変わった気がしない
あるいは多少は変わったかも知れないけれど、でもやっぱり苦しい
もしかしたら、もっと苦しくなってしまった、ということもあるのかも
一体何が正しいのかわからなくなった
疲れちゃった
ということも

しかもこれまでにスピリチュアルに費やしたお金ときたら
相当な金額になってたりするようです

何故なんでしょうね

不思議でならないのです

私がスピリチュアルという言葉を知ったのは
2011年の春頃かな

絶対に揺るがない幸福を探して、でも怪しいぞ、信じられないぞ、とずっと疑ってました

そして悟りの世界を知ったのが
一昨年の5月頃

その頃と比べたら
私の人生は激変しました
どんどんどんどん楽になり
どんどんどんどん軽くなり
生涯最高の幸福感を毎日更新しています
もちろん嵐やどん底は何度も経験したけれど
それでも今は
とにかく幸せで仕方がない

それまでは
自分の人生は不幸の塊だと思ってました
なんて私は運が悪くて
なんて幸せから縁遠くて
辛いことの連続なのかって
怒りと悲しみでいっぱいでした
自分のことが大嫌いでした
病気にもなりました

そのことが
今は遠い夢のようです
本当に、
思い出そうとしてもなかなか思い出せない
歳のせいでしょ、って言う友達もいますけどね(^ ^)

苦しみは自分が作り出している
全ては幻想に過ぎない
壮大な壮麗な夢なのだとわかったのです
わかってみたらすごーく簡単な、単純なことでした
あっはっはーと笑いましたよ

今は面白くて仕方がない
次に何が起きるのか
次に何を経験できるのか

泣くことも怒ることもあるけど
怖がったり迷ったりもするけど

それでも万事OKだと
今は心からそう思える

そうすると
難民になっちゃった人が
どこでどんな落とし穴につまづいたのか
なんだかわかるみたいです
引っ張り上げることもできる
ほらほら、って手を持って立ち上がるのを手伝って
ぱんぱん、と服を払って
さあ行こ行こ、と一緒に歩き出す
Heavenly Blue はそういう場所です(^_-)-☆

生まれて初めてスピマに参加(*^-^*)

9月13日、守山市で滋賀のカリスマヒーラー、ふうみさんの主催するスピマ(スピリチュアルマーケット)に出展します。

去年の今頃は、スピリチュアルってなに?状態だったのに

エネルギーワークって何するんだろう、すごいなー、きっと生まれつきの天才なんだろうな、そういう人って、と漠然と思っていただけなのに

思えば去年の暮、ロンドンから帰ったあと、どうも手から何か出ているみたいなんだけど、これはなんだろう、と思ってふうみさんに会いに行ったのが最初でした

そうしたら、ふうみさんが私の頭に手を当てて、「ふんふん、もうヒーリングできますね」って一言

えー、私、ヒーリング受けたこともないんですけどっ

それから、あれよあれよという間に、今日まできました

ふうみさん、ありがとう!

つわものぞろいのスピマです。素晴らしい方たちのセッションが格安で受けられますよ。もちろんRB Solutionのお試しも20分1500円で。

受けたことないのばっかだぁ

会いに来てね(^_-)-☆