後悔からの自由と理由のない幸福

身辺の嵐のことを前回少し書きましたが
嵐に翻弄される木の葉であってもだいじょうぶな感覚を失わなかったのはなぜなのでしょう

セラピスト開業した頃
抱いていた自己肯定感には理由がありました
癌や鬱を経験し、そして楽になったのだから
トンネルには必ず出口があるとわかったのだから
出口を見つける方法を知っているのだから
これを伝えることができる
そして、エネルギーというか、ひとの感情や思いがわかるようになったことも

つまり、〇〇な私、というなにがしかの理由
これはこれで良かったと思います
素晴らしい感覚だったし、それで誰かが楽になって、喜んでもらえるのが本当に嬉しかった
天職を見つけたと思ったものです

でもことはそれでは終わらなかったのですね
〇〇な、という理由は
移り変わるからです
言い換えれば、
移り変わらないものなど、何一つ無いからです
〇〇そのものが変わることもあるし、〇〇に対する自分の意味づけが変わることもあります
理由のある幸福は、理由の変化とともに、消えるとまではいかなくても質的に変化するものなのですね

何がどのように起きたのか、書ければいいのですが、
それには本1冊分くらいかかるかもしれないのでここでは割愛します

何度も何度も感情の嵐に巻き込まれましたが、その最中にもにもそれをじっと見ている何かがありました
まったく静かに、まったくニュートラルに、ただそこにある何か
ときおりエアポケットのようにそこにすぽっとはまると
ただただ静かです
またそこから嵐のなかへ投げ出されても
何かが以前とはまったく違います

その違いについて気がついたことがあります
後悔がないのです
後悔、あるいは罪悪感、あるいは自己嫌悪
たとえば侮辱されて激しい怒りに燃えていても
わかってもらえなくて悲しくて泣いていても
そこに、自分を責める思いがない
自分が正しいからとかそういうことではなくて
開き直るとかそういうことでもなくて(正しくなくてもいいのです)
悔やむ、ということがないのです
あるいは恥じる、ということがないのかもしれない

苦しみの本質は
自己否定なんだと改めて痛感しました
自分を責める気持ち、これが何よりも苛むのです
あるいは深いところで、どこか自分というものを恥じている感覚

繰り返し脳裏に浮かぶ問題や悩みがあったら
そうっと自分に問いかけてみてください
誰かに対する怒りの陰に
消えない迷いの陰に
ご自分を責めるもう1人の自分がいないかどうか

〇〇な、がなくなってもOKになると
〇〇のない「私」っていないんですよね

自由だけが残ります♪

心も初夏の準備を(^_−)−☆

今日は暖かいですね
上着も要らない感じ♪
ブログをずっと更新していないのに、毎日たくさんの方が訪れてくださっていて、感謝しています
ちゃんと書いてくださいよ、って叱られちゃいました^^;

東京に来ています
部屋の窓からいるかと富士山が見えます

早いもので東京出張セッションもいつの間にか6回目
告知するのも忘れるズボラぶりですが、毎回古い記事を読んで申し込んでくださる人と、継続してくださる人とがいらっしゃって、ありがたいことです

ずっと身辺いろいろありまして、やっと落ち着きました^^;
深いところに隠れていたものが、3ヶ月くらいかけてこれでもかこれでもか、と浮上してきていました
あーだこーだジタバタもがき、やっとピークを越えたようです
自我という幻想、私という思い込みを手放すプロセスが、容赦なく進んでいった感じです
いったいいつまで続くのか、と嘆きたくもなりましたが、でもどこかで大丈夫だとわかってもいました

その間、エゴの仕組み、その幻想性、苦しみの正体、をじーっと観察していました^^;

いま、空っぽな感じが更に定着していくのを感じています
「私」がいない経験は、いままで自分1人の時にしか起きなかったのですが、誰かと一緒にいても起きるようになり、すこしずつそちらがデフォルトになりつつあるようです
そうすると、相手も空っぽだということがよくわかります
そして、時間というものもないし、全てはただ起きているだけ
これ、があるだけで他には何もない、としか言いようがないことも
その自由さをどう表現すればいいのでしょうね
セッションはこれからも続けるけれども
その内容はおおきく変わって行くかもしれません

伊豆に引っ越したんです
何故?どうして伊豆に?
といろいろ聞かれますが、さあ、そんな成り行きになりまして、としか言えないんですよね
説明しようとすればあれこれ言えるけれど、説明しても仕方がないような感じでもあります
そのように起きただけ、かな
引っ越し先については、また詳しく書きますね(^ ^)
とっても素敵なところなんです

伊豆の山奥まで来てくださるのであれば、もちろん歓迎いたします
早速伊豆でのセッションをお申し込みくださる方もいて、とっても嬉しいです(*^_^*)

幻想の私を一枚ずつ脱いで、心も初夏服に着替えましょう(^_−)−☆

第2回東京出張セッションのお知らせ(^_-)-☆

前回の出張セッションでは、たくさんのお申し込みを頂きありがとうございました。

お会いできた方々とは、なにか深い縁が結ばれたような気持ちでいます。

それにたくさんの差し入れ、ありがとうございました。食事する時間を取っておくのを忘れたので、おにぎりの差し入れとかとってもありがたかったです(⌒-⌒; )

もっとじっくりとおひとりおひとりに時間をかけたセッションをしたかったな、と思いますが
なにぶんケーススタディのため時間に限りがあり、ちょっと心残りです。
それでも皆さんに、真実の自分の一端、思考から自由になった深いリラックスを、体験していただけたようで大変嬉しいです。
継続セッションをご希望くださった方が9割以上あり、前回お受けできなかった方のご希望にも応えたいので、第2回東京出張セッションを行います。
場所は同じ品川で、前回よりも1日長く滞在します。
告知する前に大半が埋まってしまったので、空きは残り数枠となりました。
ご興味のある方はお早めにお申し込みくださいね^_−☆
=========================
品川出張セッション第2回
12月11日〜14日  料金6000円(出張費混み)
お申し込みはお問い合わせフォームからお願いします。
=========================

絶対に安全な場所

わたしも長い間探していました

絶対に信頼できる人
絶対に移ろわない愛
絶対に色褪せない美
絶対に安全な場所

そしていつも怒っていました
傷ついていました
わたしがこんなに一生懸命求めているのに
誰もいない
どこにもない
どこにも安全な場所がない
みんながわたしを傷つける

そりゃそうなんです
当然なの

あなたが見ているのはあなたの世界だからです
あなたが不信を見るならそれはあなたが信じていないから
あなたが愛を失うならそれはあなたが愛していないから
あなたが見るものが色褪せるならそれはあなたが移ろうものにしがみついているから
あなたが安全な場所を見出せないのはあなたが安心していないから

間違った鏡を見ているのです
ゆがんだ鏡、狂気の鏡を

そんなもの捨てなさい
それは偽りの鏡
自分自身を見つめなさい
泣いている小さなあなたを
長い間閉じ込めて
黙らせて
無視してきた
小さなあなたを
その子を抱きしめて
愛してあげなさい
ああ悪かった
やっと戻ってきたよ

もう大丈夫だよ

もう見捨てたりしない
もう一人で耐えさせたりしない
ここにいる
一緒にいる
もう一人じゃない
そう言って
抱きしめてあげて

それが
自分を愛するということです

それが
誰かを愛するということです

それが

絶対に安全な場所

あなたの胸のなかにいつもある場所

あなた以外に

誰にそれができますか

トイレ代わり?

今日は久しぶりにキレました(⌒-⌒; )
なんかねえ、怒った方がいいような気がしたの
その方が誠実なような

 

八つ当たりされるのは嫌いです
投影されるのは不愉快です
自分の不安は自分で始末をつけて欲しい
自分の無力感を暴力という形で吐き出さないで欲しい

 

自分の感情くらい
自分で責任を取りましょうよ

 

感情に気づいて
自分のものだと認めて
抱きしめるだけのことです

 

それが自分のものだと気づかない
それが一番厄介ですね
でも自分のものだとわかっていても
この相手ならぶつけても構わない、と思っているなら
それはもっと厄介かも
誰かをトイレの代わりにしてるのと
同じだと思うから

 

大切な人って
トイレ代わりじゃないでしょ?

 

私は、
暴言の数々、荒い波動に傷ついた
なので傷ついたことを表明します
それをどう受け取るかは相手の問題
それから
傷ついた自分の心と向き合って
ちゃんとケアしてあげます

 

みんなが自分の感情に責任取れるようになれば
世界の平和なんてあっという間に実現できちゃうんだろうな
きっと^_−☆