探求の終わり

悟りとか非二元って、エゴが無くなること、恐れやネガティブな感情が無くなって、超人みたいになり、何にも傷つかなくなること、みたいな想像をしていた時期がありました。エゴが無くなった、恐れがない、と説明する人もいるし、それが間違いではないのでしょうが、エゴ=ネガティブな思考や感情、あるいは欲、だと思っていましたね。でもそうじゃなかったんですね。

エゴ=私、個人としての私の感覚、世界から分離した私が存在して、世界の中を生きていかなきゃならない、この思い込みが壊れただけなんですね。それが単なる思い込みだった、夢のようなものだった、という気づきが訪れるだけなんです。覚醒とはよく言ったもので、本当に、目が覚めたような感じです。そしてふと気がついたら、探求が終わっていた。なにか足りない、なにかを目指さなくてはいけない、何かにならなくてはいけない、そういうドライヴ(衝動というか)が消えているのです。

いろんなものが消えました。一番顕著なのは、優越感や劣等感。無価値観や自己嫌悪、恥、憧れとか崇拝、依存、競争心、そういうものが無くなった。けれども怒りや悲しみ、寂しさ、怖いとか嫌い、といった感情は湧きます。それもどんどん弱くなってはいってるようではあるけども。

そんな風に目が覚めてみれば、全てが映画のようなものでした。その映画の主人公になったつもりで、必死になってシナリオを書き換えようとしていたんですね。そしてある程度それは成功もしたんです。悲劇のど真ん中にあがいているようなストーリーから抜け出す出口を見つけた時は、これが出口だ、ここから出れば良いんだ、と有頂天になり、エネルギーや人の思考や感情がわかるようになったことにワクワクしていました。そして数多くのセッションを通して、クライアントさんが変容していく姿に感動していました。

でも気づいてしまったのです。それもやっぱり夢だったと。

素敵な夢だったけれども、それもやっぱり夢の中だったと。そして夢の中では、良いことも起きれば辛いことも必ず起きるのです。子供の頃からずっと探していた何かはこれではなかったんですね。

みんな辛い夢を見ながら、なんとかその夢を良い夢、楽しい夢に変えようと頑張っているんです。頑張らないことすら頑張って生きている。

でも、辛い夢を終わらせるには、夢から醒める方が早いじゃないですか。悪夢にうなされていたら、一旦起きる方がいいのと同じです。本当に、ただそれだけのことなんです。

言うのは簡単だけど、どうすりゃそれができるのかわからないんだよ!

そんな声が聞こえてきそうですが。

コツがあるんです。それを見つけました。なので、そのセッションをやろうと思います。