非二元とセラピーとエネルギーワーク

非二元の世界では
私はいない、と言います
誰も存在していない
全てはただ起きているだけ

 

だとすると
セラピーとかエネルギーワークって何なの?
人生には意味も目的もなく
ただ全てが起きているだけなら
生きづらさを解消する必要もないということになるの?

 

一瞥したとき
誰もいないのだ、ということの意味がわかりました
本当に、何もありませんでした
これは後付けの解釈です、ここでは時間も主体も言葉も無いので
翌日になって、戻ってきた私は思いました
エゴのすることなくなっちゃった
せっかくセラピストになったのに
やることなくなっちゃった、と
本当にがっくりしました
何日か、ベッドから出なかったような気がします
あまり覚えていませんが
それがエゴの声、マインドの働きによるものだということはわかっていても
その虚しさはなかなか辛いものがありました

 

でもそれでも
私たちはこうして生きていきますね
「私」感覚は健在です、堅田理恵の場合
ご飯を食べるし
仕事に行くし
子供を育てます
「私」が食べているのではなく
食べる、が起きているだけだ、と言いますが

 

大和田菜穂さんは著書の中で
保育園に行っているとき子供は本当はいない、
とおっしゃっていますが
でも
いるとしか思えないし
いるものとして行動しますね

 

私はいないってうそぶいたって
職場の人間関係がうまくいかないのは苦しい
機能不全の家庭に育った苦しみはずっと見かけの私を縛ります
いないはずの私が恋に落ちて
嫉妬に苦しんだりすることもあるかもしれません

 

本当は誰もいない
この全くの空の中で
起きては消える様々な現象
生まれては死ぬ様々な命
名前のあるものたち
空の世界にあって
色の現象を生きる
その両方が同時に存在するのです

 

そして現象世界にも
目で見て手で触れることのできるもの以外に
目に見えない潜在意識とエネルギーの世界があります
そのエネルギーの世界、潜在意識の世界が
実は私たちの現象世界に大きな影響を及ぼしている
見かけ上の私のエネルギーが弱まっていくにつれて、そのことがよりはっきりと自覚されるようになっていきました

 

見かけ上の私が
見かけ上の世界で苦しんでいるとき
潜在意識やエネルギーにアクセスして
見かけ上の私を緩めることができるのです
自我とはエネルギーだからです
見かけ上の苦しみは
本当に見かけでしかないのだと
セラピーやワークを通して
腑に落とすことができるのです

 

それを繰り返していくと
「私」とは思い込みにすぎないことに気づきます
「私」だと思っていたものが
実は苦しみの原因だったのだとわかります
「私」なんていない、ということが腑に落ちた時
真に今この瞬間に実在する時
その静寂、そのしんとした平和を味わうとき
ああこれのことだったのか
深いため息が漏れるのです

 

Heavenly Blue でのセラピー、RB Solution©の方針が変わります
これまではセラピストがプレゼンス、今ここに立ち、クライアントさんをサポートしてきましたが
これからはクライアントさんにも、プレゼンスに在っていただけるよう誘導しながら進めます
その方が、解放が深くスムーズになり、真の自己とはなにか、を思い出していただくことこそが、最もパワフルな癒しとなるからです
もちろん、非二元や目覚めに興味のない方には、そのご意向に沿ったセッションを行います(^_-)-☆