Noと言えずにパンクしてしまう

   何でも引き受けてしまって、耐えきれずにパンクする。言いたいことが言えない。馬鹿にされるに違いないと思ってしまう。夜中に不安で目が覚める…
   こういう思いは結構たくさんの人が抱えて生きているのではないでしょうか。漠然としてとらえどころがないようでいて、実際の生きづらさは相当なものだと思います。
ほかでもセッションを受けておられて、テーマはある程度絞られているようでしたので、その方向でいくかほかの観点からアプローチするか決めるため、お話を伺いながら、同時に身体をスキャンしていました。
 カギは意外なところから見つかったのです。
 りえさん、先日のセッションありがとうございました。
最初に相談していたテーマでいこうかとしていた途中で体の状態をリーディングと質問で傷ついた女性性を癒して解放するセッションになりました。 女性性にブロックがあることも、それにまつわる記憶にも心当たりがありましたが、他のカウンセリングや自己ワークで扱ったことはありませんでした。
 まだ触れたくないものをセッションで扱うと、気分が悪くなったりして途中で中断することがこれまでにあったのですが、りえさんがヒーリングをしながらセッションを進めてくださったので、安心して奥にしまっていた怒りや悲しみをだすことができました。
 長年大切に(?)握りしめていたものが動いたからかセッション後は、見えないエネルギーの筋肉痛のような感じでぐったりきましたが、寝て朝起きたら、体が軽くなっていました^ ^ りえさんに教えて頂いた自己愛を深めるワークを続けてこれからも少しずつ少しずつ重たいものを下ろしていけたらと思います。
 りえさん、とっても優しくて温かいセッションをありがとうございました♩♩
 女性性の痛みをスキャンとリーディングで発見し、それにフォーカスすることにしました。準備ができていないものは、セラピストがどんなに頑張ってもワークすることができません。きっと、「その時」が来たのでしょう。
 抑圧されていた悲しみが、見つけてもらって喜んで出ていくのがありありとわかりました。セラピストとして、一番うれしい瞬間です。
 この一回のセッションですべてが一気に好転するわけではないでしょうが、こうやって一歩一歩、痛みをほぐしながら進みましょう!(^^)!
 Mさんがご自分を取り戻し、解き放ってきらきらと輝く姿が私にははっきり見えています(^^♪
 ありがとうございます。