トラウマと記憶

とてもつらい出来事があった時、私たちの心は、それをなかったことにしようとして隠すことがあります。

覚えているけれど、思い出すとつらいから、考えないようにする。

そもそもそんなことがあったことすら、忘れてしまう。

先日のケースは、覚えているけれど、そのことを考えても何の感情も湧かない、でした。

日常の一見些細なことでパニックともいえるほどの感情の洪水や息苦しさを覚えるけれど、それがなんなのかわからない、というご相談でした。

潜在意識にゆっくりとアクセスしながら、その原因を探っていくと 大変痛ましい経験をしたときの記憶が蘇ってきました。

思い出すだけで息ができない感じに襲われます。

それをゆっくりと解放していきます。

たくさんの涙が流れました。

恐怖、絶望、悲しみ、無力感 いろんな思いが流れていきました。

長い間押し殺してきた思いが。

やっと息をつける、とでもいうように。

以下は、セッションの後に寄せてくださったご感想です。

「例えば夜の月がそっと泉を照らすような‥理恵さんのヒーリングは、そんな慈しみの光をそっと心の奥に送って貰っているような感覚を与えてくれます、人が誰しも持つ心の傷に直接触れると言うよりは、私達の持つ自然治癒のエネルギーにそっと働きかけ、大きな愛で包んでくれます。これからもたくさんの人たちを理恵さんのヒーリングで癒してあげて下さい✨」

ありがとうございます。 あなたの魂の旅、痛みに向き合う勇気に、敬意を表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です