真実を知りたいという願い

Eさんからご感想をいただいたので、セッションの様子を綴ってみます。

きっかけは、あるイベントでの出来事になぜか苛立ってしまった、というものでした。ご自分でその気持ちを見つめてみるとある過去生が浮上してきたけれど、どうしてもその先へ進めない、というご相談でした。 その過去生はこれまでも何度もE さんのワークに登場してきたもので、神父、牧師、修行僧など、いつも聖職者なのだそうです。 このように似たような過去生が繰り返し蘇るということは、この方の魂の課題に深くかかわったテーマである可能性が高いのです。

その過去生について、リーディングも交えながらEさんと掘り下げていくと、「真実を知りたい」という思いと、聖職者として人々を救うミッションを果たせない、という思いとの葛藤が見えてきました。

「真実を知りたい」というのは、私たち皆が人としてこの地球に生まれたときから持っている、普遍的な課題であるように私は感じています。スピリチュアル、心理学、文学、あるいはアートに惹かれる方は、とりわけこの傾向が強いのではないでしょうか。でもテーマが普遍的、根源的、抽象的であればあるほど、一見セラピーでどうにかできる問題ではないようにも思えてしまいます。過去生を書き換えて楽になるなど土台無理なテーマのように。

しかし、「真実を知りたい」という願いが挫折した、叶わなかった、という具体的なエピソードがあるはずなのです。いつ、どこで、どんな状況で、なにがあって、どんな風に感じたか。その苦痛が、魂に刻み込まれて、次の人生、また次の人生、と繰り越されていくのです。

ですから、その具体的なエピソードを探り、思い出し、その時の痛みに寄り添うことができれば、その傷を癒すことができます。今生でのトラウマを癒すのと同じですね。

問題は、それを思い出すことがなかなか難しいことですが、RB Solutionではそれが比較的容易です。言葉を介さずに潜在意識にアプローチする方法、リーディングなどを交えて、その状況を具体的に明らかにすることによって、転生の度に持ち越すほどのトラウマを生んだ出来事を突き止めます。

Eさんが寄せてくださったご感想です。


理恵さん 先日はセッションありがとうございました。最初はどちらかというと思考派の私には過去生を感じたりするのは難しいと思っていましたが、理恵さんの優しい声と直感からくる言葉にゆっくりと導かれていくことができました。それも一つの過去生からまた違う過去生に。とても不思議な体験でした。 そして、実生活の中で、過去生が今世での自分に影響を与えていたのだということを深く理解することになりました。 理恵さんのヒーリングのおかげで失敗に気を取られなくなりました。 過去の苦い思いや過去生を癒やすヒーリングは今を充実した人生にできる最高のテクニックですね。 本当にありがとうございました。 E.T 50代 女性

おっしゃる通り、過去生のトラウマが今生の人生に及ぼす影響の大きさには驚かされます。そして、それを癒すことができたとき、今の人生が変わっていくその神秘にも胸を打たれます。生きていること、生かされていることに深く思いを馳せずにはいられません。

Eさん、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です